IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日経平均は58円安と3日ぶり反落、売り一巡後は下げ渋る、日銀ETF買い観測が支え=5日後場

8/5 15:15 配信

モーニングスター

現在値
JAL2,065-30
ANA2,693-77
JR東日本6,706-201
JR西日本5,423-196
近鉄GHD4,660-45

 5日後場の日経平均株価は前日比58円81銭安の2万2514円85銭と3日ぶりに反落。朝方は、きのうの連騰(合計863円66銭高)の反動で利益確定売りが先行し、前場中盤には2万2356円25銭(前日比217円41銭安)まで下落した。一巡後は下げ渋り、後場入り後には日銀のETF(上場投資信託)買い観測を支えに一時2万2554円20銭(同19円46銭安)まで引き戻した。株価指数先物売りに押し戻される場面もあったが、終盤に向けては再び持ち直した。

 東証1部の出来高は12億480万株、売買代金は2兆1780億円。騰落銘柄数は値上がり981銘柄、値下がり1090銘柄、変わらず102銘柄。

 市場からは「大幅続伸の反動にしては下げは限定的だ。ただ、下値は堅いが上値も重く、レンジ相場からなかなか抜け出せない。新型コロナウイルスの新規感染者数の減少がはっきりするまでは、もみ合い相場が続きそうだ」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、JAL <9201> 、ANA <9202> などの空運株や、JR東日本 <9020> 、JR西日本 <9021> 、近鉄GHD <9041> などの陸運株が下落。ソフバンG <9984> 、ZHD <4689> などの情報通信株や、中部電力 <9502> 、東ガス <9531> などの電気ガス株も売られた。ブリヂス <5108> 、住友ゴム <5110> などのゴム製品株や、王子HD <3861> 、レンゴー <3941> などのパルプ紙株も安い。

 半面、日本製鉄 <5401> 、JFE <5411> などの鉄鋼株や、住友鉱 <5713> 、DOWA <5714> などの非鉄金属株が堅調。ENEOS <5020> 、コスモエネH <5021> などの石油石炭製品株や、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株も高い。任天堂 <7974> 、アシックス <7936> などのその他製品株も買われた。

 個別では、山崎パン <2212> 、NOK <7240> 、TOA <6809> 、ヤマハ <7951> 、オイレス工 <6282> などの下げが目立った。半面、ヤマシンF <6240> 、サイバネット <4312> がストップ高となり、シグマクシス <6088> 、藤久 <9966> 、ユーシン精機 <6482> などの上げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、18業種が下落した。

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:8/5(水) 15:15

モーニングスター

投資信託ランキング