IDでもっと便利に新規取得

ログイン

良品計画が大幅高、7月売上の好調手掛かりに、既存店は前年比10.5%増

8/5 9:20 配信

モーニングスター

現在値
良品計画1,759+31
Fリテイリ64,620-250
Uアローズ1,576+12
アダストリ1,622-15
ハニーズH1,006---

 良品計画 <7453> が急伸し前日比8.1%高の1457円を付けた。4日に発表した7月の既存店売上高が前年同月比で10.5%増となり、好感買いを集めている。

 7月は長雨や新型コロナウイルスの感染再拡大による外出自粛の傾向が小売各社にとって痛手となったものの、同社は食品や生活雑貨のニーズを取り込んだ。既存店の増収率は前月の5.9%から拡大した。

 このほか、7月の既存店売上高はファーストリテイリング <9983> も国内ユニクロ事業が4.4%増と堅調。プラス幅は前月(26.2%)から縮小したものの、長雨の悪条件をエアリズムやマスクの販売でカバーした。

 一方、天候不順や新型コロナに苦しんだ企業も多い。セレクトショップのユナイテッドアローズ <7606> は実店舗が落ち込み11.6%減となった。ネット通販部門は15.6%増と2ケタの伸びを維持した。衣料品店ではアダストリア <2685> が19.9%減、ハニーズホールディングス <2792> も12.1%減と苦戦し、靴量販はエービーシー・マート <2670> は9.1%減、鞄(かばん)のサックスバー ホールディングス <9990> は23.6%減。

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:8/5(水) 9:20

モーニングスター

投資信託ランキング