IDでもっと便利に新規取得

ログイン

郵船がプラス転換、21年3月期の連結業績予想を上方修正

8/5 16:37 配信

モーニングスター

現在値
郵船1,886-4

 日本郵船 <9101> がプラス転換し、57円高の1582円を付けた。5日正午、21年3月期の連結業績予想を上方修正し、好感された。

 21年3月期業績予想で、売上高を1兆4300億円から1兆4500億円(前期比13.1%減)に、営業利益を50億円から130億円(同66.4%減)に引き上げた。定期船事業のOCEAN NETWORK EXPRESSが想定を上回り収支改善が進んでいることや、航空運送事業において、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により国際旅客便が相次いで運休・減便されたことにより、運賃単価が大幅に上昇し収支が改善、また、物流事業の航空貨物取扱事業でも需給が逼迫し市況が改善していることなどを織り込んだ。

 21年3月期第1四半期(20年4-6月)の決算は、売上高が3611億7000万円(前年同期比11.1%減)、営業利益が89億4700万円(同63.6%増)だった。

 5日の終値は、前日比34円高の1559円。

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:8/5(水) 16:37

モーニングスター

投資信託ランキング