IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日経VI:低下、米株高・円高一服・好決算銘柄大幅高でセンチメント好転

8/4 16:17 配信

フィスコ

現在値
キッコマン5,760+80
イビデン3,655+10

日経平均ボラティリティー・インデックス(投資家が将来の市場変動の大きさをどう想定しているかを表した指数)は4日、前日比-2.36pt(下落率9.94%)の21.39ptと低下した。なお、高値は22.97pt、安値は21.39pt。昨日の米国株高を受け今日の東京市場は買い優勢の展開となり、日経225先物は上昇、日経VIは低下してスタート。その後、一時1ドル=106円20銭近辺と昨日の円の高値から60銭ほど円安・ドル高に振れたことも安心感となった。さらに、キッコーマン<2801>やイビデン<4062>など21年3月期第1四半期(20年4-6月)決算が予想を上回った銘柄が大きく買われたことも市場の雰囲気を明るくした。こうした要因で市場心理はさらに好転し、日経VIは低下幅を拡大し今日の安値水準で取引を終えた。

【日経平均VIとは】
日経平均VIは、市場が期待する日経平均株価の将来1か月間の変動の大きさ(ボラティリティ)を表す数値です。日経平均株価が急落する時に急上昇するという特徴があり、日経平均株価と通常は弱く逆相関する傾向があります。一方、数値が急上昇した後に、一定のレンジ(20~30程度)に回帰するという特徴も持っています。

《YN》

フィスコ

最終更新:8/4(火) 16:17

フィスコ

投資信託ランキング