IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日経平均は413円高と7日ぶり大幅反発、米国株高で買い先行、円安も支え=3日前場

8/3 11:48 配信

モーニングスター

現在値
郵船1,817---
商船三井2,058---
川崎船1,168---
ソフトBG6,469---
ZHLD699---

 3日前場の日経平均株価は前週末比413円93銭高の2万2123円93銭と7営業日ぶりに大幅反発。朝方は、前週末の米国株式がハイテク株中心に上昇した流れを受け、買いが先行した。円安・ドル高も支えとなり、株価指数先物買いを交えて上げ幅を拡大し、一時2万2187円08銭(前週末比477円08銭高)まで上昇した。その後は戻り売りに伸び悩み商状となった。

 東証1部の出来高は6億9249万株、売買代金は1兆2079億円。騰落銘柄数は値上がり1618銘柄、値下がり498銘柄、変わらず50銘柄。

 市場からは「NY株が高く円安に振れ、前週末急落した反動が出た。ただ、決算は思ったほど良くはなく、新型コロナウイルスの感染も地方に広がり、自粛要請の動きもある。下がれば、日銀のETF(上場投資信託)買いもあろうが、指数は徐々に上値、下値を切り下げていく展開になろう」(銀行系証券)との声が聞かれた。

 業種別では、郵船 <9101> 、商船三井 <9104> 、川崎汽 <9107> などの海運株が上昇。ソフバンG <9984> 、ZHD <4689> などの情報通信株や、ガイシ <5333> 、TOTO <5332> などのガラス土石株も堅調。東京海上 <8766> 、MS&AD <8725> 、第一生命HD <8750> などの保険株も買われた。日水 <1332> 、マルハニチロ <1333> などの水産農林株や、リクルートH <6098> 、エムスリー <2413> などのサービス株も高い。クレセゾン <8253> 、イオンFS <8570> などのその他金融株も引き締まった。

 半面、JAL <9201> 、ANA <9202> などの空運株が軟調。出光興産 <5019> 、ENEOS <5020> などの石油石炭製品株も安い。7&iHD <3382> 、良品計画 <7453> などの小売株も売られた。

 個別では、スクロール <8005> 、保土谷化学 <4112> がストップ高カイ気配となり、ITM <2148> 、Nフィールド <6077> 、ワコム <6727> がストップ高。半面、コムチュア <3844> がストップ安となり、KIMOTO <7908> 、インフォMT <2492> 、カシオ <6952> 、CEHD <4320> などの下げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、30業種が上昇した。

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:8/3(月) 11:48

モーニングスター

投資信託ランキング