IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NY株見通し-今週は企業決算、米7月雇用統計、米中関係、コロナ感染第2波が焦点か

8/3 20:51 配信

トレーダーズ・ウェブ

 今週のNY市場は決算発表や経済指標を睨んだ神経質な展開か。先週はアップル、フェイスブック、アマゾン・ドット・コムなどの主力ハイテク株が好決算を発表しナスダック総合が3週ぶりに大幅反発し、終値での史上最高値まで0.2%に迫った。一方、4-6月期GDP速報値が過去最悪を記録するなど経済指標の悪化を受けてダウ平均は小幅に続落した。今週はS&P500の約130銘柄が発表予定でバークシャー・ハサウェイ、ウォルト・ディズニー、ヒューマナ、CVSヘルスの決算やガイダンスが注目されるほか、米経済指標では7月雇用統計や7月ISM製造業・非製造業PMI、新規失業保険申請件数が発表される。このほか、米中対立の激化や新型コロナウイルスの感染拡大が懸念材料となる一方、追加経済対策の進展や、コロナワクチン・治療薬開発のニュースがあれば支援材料となりそうだ。

 今晩の米経済指標は7月ISM製造業PMI、6月建設支出など。企業決算は寄り前にクロロックス、タイソン・フーズ、バークシャー・ハサウェイ、引け後にAIG、テイクツー・インタラクティブ、KLAテンコールなどが発表予定。(執筆:8月3日、14:00)

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:8/3(月) 20:51

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング