IDでもっと便利に新規取得

ログイン

電算システム(3630)、2020年12月末の株主優待の内容を発表! 100株以上を1年以上の保有で、例年同様、岐阜県や愛知県産の米やハム、酒などがもらえる

8/2 18:05 配信

ダイヤモンド・ザイ

 株式会社電算システムが、2020年12月末の株主優待の内容を、2020年7月30日に発表した。

 電算システムの株主優待は、毎年12月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「100株以上を1年以上保有する株主に、岐阜県と愛知県の特産品3000円相当を贈呈(選択制)」というもの。

 今回、2020年12月末の株主が選択できる特産品の詳細が公表された。具体的には以下のとおりだ。

 ①明方ハムセット
②鴻巣果樹園 りんごジュース
③国産と世界のはちみつ3本セット
④各務原市 零戦のつばさ&蔵音(お酒)
⑤名古屋味あわせ(きしめん&味噌煮込みセット)
⑥飛騨コシヒカリ(お米 5kg)

 前期(2019年12月期)は水素水や山椒など7種類から選択できたが、2020年12月末の株主優待の選択肢は6種類となるなど、前期とは優待品が若干変更されている。

●電算システムの株主優待制度の詳細と利回りは? 
  ◆2020年12月末の電算システムの株主優待制度の詳細

  基準日
  保有株式数
  保有期間
  株主優待内容
2020年
12月末
100株以上
1年以上
岐阜県・愛知県特産品3000円相当
(以下から選択)
①明方ハムセット
②鴻巣果樹園 りんごジュース
③国産と世界のはちみつ3本セット
④各務原市 零戦のつばさ&蔵音(お酒)
⑤名古屋味あわせ
(きしめん&味噌煮込みセット)
⑥飛騨コシヒカリ(お米 5kg)

●電算システムの株主優待利回りは? 
 電算システムの7月31日の終値は4150円なので、株主優待利回りは以下のようになる。

(100株・1年以上保有の場合)
投資金額:100株×4150円=41万5000円
優待品:特産品3000円相当
優待利回り=3000円÷41万5000円×100=0.72%

 電算システムは株主優待で、岐阜県や愛知県の特産品を贈呈している。内容はお米やハムなど多彩で、今期も相変わらず魅力的なラインナップだ。配当利回りは0.67%なので、100株保有時の配当+株主優待利回りは1.39%と、利回り面ではそれほど魅力的とは言えないものの、同社は業績が好調なため、保有を検討する価値はありそうだ。

 電算システムは岐阜県に本社を置き、情報処理サービスや収納代行サービスを手掛ける企業。Googleソリューションの導入やサポートも手掛け、テレワーク導入支援なども行う。7月30日に2020年12月期(通期)の連結業績予想を上方修正し、売上高462億円(前期比14.9%増)、営業利益25億円(前期比10.2%増)、経常利益25億9000万円(前期比10.8%増)、当期純利益16億400万円(前期比2.9%増)とした。ただし、この予想が事前の市場予想を下回っていたことなどを背景に、7月31日の株価はストップ安となっている。

 ■電算システム

 業種
 コード
 市場
 権利確定月
 情報・通信業
 3630
 東証1部・名証1部
 12月末
株価(終値)
 必要株数
 最低投資金額
 配当利回り
 4150円
 100株
 41万5000円
 0.67%
 【電算システムの最新の株価・株主優待の詳細はこちら! 】

 ※株価などのデータは2020年7月31日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数、「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。

ダイヤモンド・ザイ

関連ニュース

最終更新:8/2(日) 18:16

ダイヤモンド・ザイ

投資信託ランキング