IDでもっと便利に新規取得

ログイン

グリムス(3150)、記念配当と5期連続の「増配」を発表し、配当額は5年で5.8倍に! 2021年3月期は前期比5円増の「1株あたり29円」、配当利回りは0.8%に!

8/2 21:05 配信

ダイヤモンド・ザイ

 グリムスは、2021年3月期の中間配当で「1株あたり5円」の“市場変更記念配当”を実施すると、2020年7月31日の16時に発表した。これにより、グリムスの年間配当額は「1株あたり29円」となり、配当利回り(予想)は0.71%⇒0.86%にアップした。また、前期比でも「増配」となるため、「連続増配期間」は"4期"から"5期"に更新される見通し。
(※なお、グリムスは2020年9月1日を効力発生日とする株式分割(普通株式1株につき2株の割合)を予定している。ただし、混乱を避けるため、この記事では株式分割を考慮しない配当額で統一する)

グリムス
は2021年3月期の予想配当を、中間配当(9月)が普通配当「5円」と記念配当「5円」の計「10円」、期末配当(3月)が普通配当「19円」、合計の年間配当額は「1株あたり29円」に修正すると発表した。 前回の予想では「1株あたり24円」だったので、前回予想より「5円」の増配となる。今回の増配発表により、グリムスの配当利回り(予想)は0.71%⇒0.86%にアップした。

 また、グリムスの2020年3月期の配当は「1株あたり24円」だったので、前期比でも「5円」の増配となる見込み。

 なお、の実施や、「2021年3月期 第1四半期決算短信」が発表されたことを受けて、グリムス
の株価はSBI証券の夜間取引(PTS取引)で一時、発表当日(2020年7月31日)の終値3370円より430円も高い3800円(+12.75%)を記録しており、来週の株式市場でも注目を集めることになりそうだ。
●グリムスの過去10期の配当の推移は? 
 ■グリムス(3150)の過去10期の配当の推移

 期
 年間配当額
 
 期
 年間配当額
 2012/3
 5円
 2017/3
 8.4円

 2013/3
 5円
 2018/3
 12.6円

 2014/3
 5円
 2019/3
 17円

 2015/3
 5円
 2020/3
 24円

 2016/3
 5円
 2021/3
29円
(予想)

グリムス
は2017年3月期以降、連続増配を継続しており、2021年3月期の配当予想「1株あたり29円」が予想通りに実施されれば”5期連続増配”を達成することになる。
 また、グリムスの配当額の伸び具合にも注目しておきたい。連続増配が始まる直前の2016年3月期から2021年3月期までの5年間で、グリムスの年間配当額は「1株あたり5円」から「1株あたり29円」まで、5.8倍に増加している。

 配当が増えているということは業績が好調な証拠でもある。実際に、グリムスの株価は2016年3月の終値339.6円から本日(2020年7月31日)の終値3370円まで、9.9倍に上昇している。なお、グリムスの株価は2020年7月28日に上場来高値である3690円を記録している。

 ■グリムス(3150)の株価チャート/月足・5年

●グリムスの配当利回りは? 
 グリムスの2020年7月31日時点の株価(終値)は3370円なので、配当利回り(予想)は以下のようになる。

【※グリムスの配当利回り】
株価:3370円
年間配当額:中間10円+期末19円=29円
配当利回り:29円÷3370円×100=0.86%

グリムスの配当利回りは0.86%。2020年6月の東証1部の平均利回りは2.15%(配当実施企業のみ)なので、グリムスの配当利回りは「低め」と言える。なお、グリムスは株主優待を実施していない。

 グリムスは、事業者向けの電力コスト削減提案や省エネ設備の販売等を行っている持株会社。電力の小売り事業や、一般消費者向けの太陽光発電システム・蓄電池の販売も手掛ける。2021年3月期(通期)の連結業績予想は、売上高8.8%増、営業利益9.2%増、経常利益6.9%増、親会社株主に帰属する当期純利益4.3%増と好調(すべて前期比)。

■グリムス

 業種
 コード
 市場
年間配当額(予想)
 卸売業
 3150
 東証2部
 29円
株価(終値)
 単元株数
 最低投資金額
配当利回り(予想)
 3370円
 100株
 33万7000円
 0.86%
 【※グリムスの最新の株価・配当利回りはこちら! 】

 ※株価などのデータは2020年7月31日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。 

ダイヤモンド・ザイ

関連ニュース

最終更新:8/2(日) 21:05

ダイヤモンド・ザイ

投資信託ランキング