IDでもっと便利に新規取得

ログイン

来週(8/3~7)の日経平均株価の予想レンジは、2万1200~2万2500円! 2万2000円が上値抵抗線となる売り優勢の展開で、資金が集まる中小型株に注目

8/2 20:05 配信

ダイヤモンド・ザイ

●今週の日経平均株価は、6営業日続落で大幅に下落! 
アドバンテストの今期最終赤字見通しで、市場の楽観論が消滅
 今週の(7月27日~31日)日経平均株価は、6営業日続落となり、週を通しても大幅な下落となりました。週の最終日である7月31日は600円を超える大幅な下げとなり、心理的な下値支持線として意識されていた2万2000円を割り込んで、6月15日以来の安値水準まで下落しています。

■日経平均株価チャート/日足・3カ月
 4連休明けとなった今週の株式市場ですが、週の前半は底堅い値動きとなりました。米中対立への緊張が高まったことに加え、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で上値を積極的に買う流れにはならず、また一方で、ハイテク株の決算への期待などから下値を売り込む流れも見られませんでした。

 しかし、主要企業の決算発表では、エムスリー(2413)や東京エレクトロン(8035)が予想を上回る決算内容だった一方で、新型コロナウイルスの影響が想定されていたものの、信越化学(4063)やファナック(6954)、キヤノン(7751)などの弱い決算内容が嫌気され、次第に地合いは軟調になりました。さらに、東京エレクトロンが買い一巡後に下げに転じ、アドバンテスト(6857)が今期最終赤字の見通しを発表したことで、市場のセンチメントは大きく悪化。これまで相場をけん引していたハイテク企業などグロース株の売りにつながりました。

●来週の日経平均株価は「売り優勢」の展開の中、
決算発表した中小型株が日替わりで物色される流れに
【来週の日経平均株価の想定レンジ】
 2万1200円 ~ 2万2500円

 来週(8月3日~7日)の日経平均株価は、今週の下落に対する自律反発が意識されるものの、決算内容を見極めたいとする模様眺めムードの中、売り優勢の展開になりそうです。

心理的な下値支持線だった2万2000円を割り込んだことで、今後は2万2000円が上値抵抗線として意識されるでしょう。早い段階でこの2万2000円を突破できないと、売り方の仕掛けが活発化して売り圧力が強くなってくる可能性があります。日銀のETF買い入れによる株価の下支えも、これを上回る売り圧力によって効果が限定されるため、投資家はより慎重な姿勢となるでしょう。個人投資家としては、まず決算発表シーズンのピークが通過するのを待ちたいところです。

 また、新型コロナウイルスの感染拡大が止まらず、新規感染者数が連日過去最多を更新している状況も気になるところです。来週は、外出する人が多かったと思われる7月23日~26日の4連休の影響が表れてくるタイミングなので、新型コロナウイルスの新規感染者数の爆発的な増加が警戒視されます。新規感染者数の増加に合わせ、株式市場で売りを仕掛けてくる動きも注視する必要があるでしょう。

 さらに、来週は米国の雇用統計など重要な経済指標の発表が予定されています。米国では4~6月のGDPが過去最悪の内容だったこともあり、雇用統計の結果はいつも以上に注目されるでしょう。

個別の物色の流れとしては、先物主導のインデックス売買に影響されにくい中小型株に資金が向かいやすく、決算内容を手掛かりとした日替わり的な物色になりそうです。

●【今週の値上がり率・値下がり率・出来高ランキング】
ストリームメディアコーポレーションが+84.09%で値上がり率トップ! 
 ここからは、今週、値動きが目立った個別銘柄を見ていきましょう。

 今週の値上がり率ランキングのトップはストリームメディアコーポレーション(4772)でした。中国において配信開始からわずか3日でPV数が1.3億回を突破した人気ドラマ『殿下攻略~恋の天下取り~』を、9月に自社テレビ局「DATV」で日本初放送することをリリース。これを手掛かりに、ストップ高を交えての上昇となりました。

 値上がり率2位はプロルート丸光(8256)。4連休前の7月22日に、新極真会と新型コロナウイルス抗体検出キットの販売契約を結んだことを発表し、ストップ高を付けていましたが、今週に入ってもからも「新型コロナウイルス関連の低位材料株」と見なされ、個人投資家主体の資金流入が続きました。

 値上がり率3位の中外鉱業(1491)は、TVアニメ「グレイプニル」関連の「抱き枕カバー」や「Tシャツ」「B2タペストリー」の販売を発表。上昇前は株価15~20円辺りで推移してきた「2ケタ銘柄」だったため、個人の短期的な値幅取り狙いの資金が集中しました。

 一方、値下がり率ランキング1位の串カツ田中ホールディングス(3547)は、7月15日に第2四半期(3~5月)の決算を発表。営業損益が1億700万円の赤字だったことが嫌気されました。新型コロナウイルス感染症の拡大が続く中、新たに飲食店の営業時間短縮の要請が出たこともあり、業績回復への期待感が後退しました。

 値下がり率2位のぐるなび(2440)は、4連休前の7月22日に発表した第1四半期決算において、売上が7割減で営業損益が赤字に転じたことが嫌気されました。飲食店販促サービスは、減免・休会措置によるストック型売上が減少。さらに、外食需要の低下により、ネット予約手数料の売上が落ち込んだことがマイナス要因となりました。

 ■今週の値上がり率 トップ5

 順位
 先週末比(%)
 銘柄名(市場・コード)※クリックで最新株価・チャートへ
 1
 +84.09
 ストリームメディアコーポレーション(JQ・4772)
 2
 +47.68
 プロルート丸光(JQ・8256)
 3
 +47.37
 中外鉱業(東2・1491)
 4
 +36.85
 ブランジスタ(マザ・6176)
 5
 +35.16
 ショクブン(東2・9969)

 ■今週の値下がり率 ワースト5

 順位
 先週末比(%)
 銘柄名(市場・コード)※クリックで最新株価・チャートへ
 1
 -33.00
 串カツ田中ホールディングス(東1・3547)
 2
 -32.38
 ぐるなび(東1・2440)
 3
 -26.48
 大日光・エンジニアリング(JQ・6635)
 4
 -25.90
 三菱自動車工業(東1・7211)
 5
 -25.85
 浜木綿(JQ・7682)

 ■今週の出来高 トップ5

 順位
 出来高(株)
 銘柄名(市場・コード)※クリックで最新株価・チャートへ
 1
 609,216,300
 みずほフィナンシャルグループ(東1・8411)
 2
 305,786,100
 三菱UFJフィナンシャル・グループ(東1・8306)
 3
 209,317,100
 音通(東2・7647)
 4
 181,415,000
 日産自動車(東1・7201)
 5
 141,963,300
 中外鉱業(東2・1491)

●【来週の主要イベント】
各国の「PMI」や米国の「ISM非製造業景況指数」、
米国の「雇用統計」などに注目! 
<8月3日(月)>
◆1-3月期四半期実質国内総生産(GDP)改定値
◆決算発表:エーザイ(4523)、三菱重工業(7011)、NTTドコモ(9437)
◆中7月Caixin製造業購買担当者景気指数(PMI)
◆独7月製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値
◆欧7月製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値
◆米7月製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値
◆米7月ISM製造業景況指数

 <8月4日(火)>
◆7月東京都区部消費者物価指数(CPI)
◆決算発表:ダイキン工業(6367)、ソニー(6758)、ヤマハ(7951)
◆豪6月貿易収支
◆豪準備銀行(中央銀行)、政策金利発表
◆欧6月卸売物価指数(PPI)
◆米6月製造業新規受注

<8月5日(水)>
◆決算発表:レーザーテック(6920)、伊藤忠商事(8001)、本田技研工業(7267)
◆中7月Caixinサービス部門購買担当者景気指数(PMI)
◆独7月サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値
◆欧7月サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値
◆欧6月小売売上高
◆米7月ADP雇用統計
◆米7月サービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値
◆米7月ISM非製造業景況指数

 <8月6日(木)>
◆決算発表:テルモ(4543)、ダイフク(6383)、トヨタ自動車(7203)、任天堂(7974)
◆独6月製造業新規受注
◆イングランド銀行(BOE)金利発表
◆米前週分新規失業保険申請件数

<8月7日(金)>
◆6月景気先行指数/景気一致指数速報値
◆決算発表:ブリヂストン(5108)、日本郵政(6178)
◆中7月貿易収支
◆独6月貿易収支
◆独6月鉱工業生産
◆米7月雇用統計

●【来週の注目銘柄】
「セプテーニ・ホールディングス」「SREホールディングス」
「フィーチャ」の3銘柄をピックアップ! 
 来週、注目したい銘柄は、この3つです。

 セプテーニ・ホールディングス(2020年7月31日時点)

 業種
 市場・コード
 株価
 予想PER
 実績PBR
 サービス業
 JQ・4293
 240円
 42.1倍
 2.00倍
200日移動平均線を突破すれば、値幅取り狙いの短期売買が活発化
第3四半期の営業損益が黒字転換したほか、通期計画も上方修正しています。7月31日の金曜日には、この決算内容が好材料視されて25%を超える上昇を見せました。急騰の反動が意識されやすいところですが、200円を挟んだこれまでのもち合いレンジを上放れたことで今後の値動きには期待できます。200日移動平均線が心理的な上値抵抗になっていますが、これを上に抜けてくるようだと、低位材料株として短期筋の値幅取り狙いの売買が活発化しやすいでしょう。

 SREホールディングス(2020年7月31日時点)

 業種
 市場・コード
 株価
 予想PER
 実績PBR
 不動産業
 マザ・2980
 2737円
 84.5倍
 5.80倍
AIクラウドサービスにおけるサブスクリプションサービスが堅調
第1四半期の営業利益は1.23億円、通期計画(2億円)に対する進捗率は61.5%となり、順調に進捗しています。AIクラウド&コンサルティングサービスと不動産サービスを展開していますが、AIクラウドサービスにおけるサブスクリプションサービスが収益を下支えしています。株価は、決算評価をきっかけに反発し、6月29日の高値2890円に接近しています。ダブルトップ形成によるピーク感が意識される一方で、これをクリアしてくるようだと上昇トレンドが一段と強まるでしょう。

 フィーチャ(2020年7月31日時点)

 業種
 市場・コード
 株価
 予想PER
 実績PBR
 情報・通信
 マザ・4052
 2555円
 342.4倍
 32.06倍
画像認識技術に対する成長期待は高い! 
画像認識ソフトウエアの開発を手掛けており、先進運転支援システムや運転手監視システムなど、将来的に自動運転関連の需要が期待できます。また、コロナ禍の状況では「非接触」の流れが広がりをみせてくると考えられるので、画像認識の技術に対する成長期待は大きいでしょう。6月24日にIPO(新規上場)したばかりの銘柄で、初値として公開価格の約9.1倍にあたる4710円をつけ、さらに5410円まで急伸したものの、その後は下落して7月27日には2410円まで下げています。値ごろ感も出てきましたので、底値圏での底堅さが意識されてくれば、上昇トレンドへの転換も十分に期待できます。

【※今週のピックアップ記事! 】
⇒「医療用高機能マスク」関連銘柄に注目!  新型コロナの感染拡大が続く今、医療現場での不足が不安視される「医療用高機能マスク」は、再注目される可能性大

 ⇒経済危機でも破綻リスクが少ない“金持ち株”3銘柄!  「自己資本比率」だけでなく「金融資産比率」も確認し、現金などを潤沢に保有し続ける“10年金持ち株”を探せ

ダイヤモンド・ザイ

関連ニュース

最終更新:8/7(金) 18:50

ダイヤモンド・ザイ

投資信託ランキング