IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日本エム・ディ・エムは21年3月期2Q累計予想を上方修正

8/2 11:02 配信

サーチナ

 日本エム・ディ・エム <7600> は7月31日の取引時間終了後に21年3月期第1四半期の連結業績を発表した。新型コロナウイルスの影響で大幅減収減益だったが、症例数の減少が想定より少なかったため、第2四半期累計予想を上方修正した。通期も上振れの可能性がありそうだ。株価は安値圏だが、上方修正を好感して戻りを試す動きを強めそうだ。
 
■21年3月期2Q累計予想を上方修正、通期も上振れの可能性
 
 21年3月期第1四半期の連結業績は、売上高が前年同期比21.9%減の34億09百万円、営業利益が62.5%減の2億42百万円、経常利益が62.2%減の2億38百万円、純利益が70.6%減の1億31百万円だった。
 
 新型コロナウイルス感染症患者優先の影響で整形外科手術が延期・減少となり、国内が8.0%減収、米国(円換算後)が42.5%減収となった。
 
 ただし日本では症例数の減少が想定より少なく、また米国においても多くの医療機関で手術を再開して症例数が回復傾向のため、第2四半期累計予想を上方修正した。営業活動自粛で営業経費が想定を下回ることも寄与して、期初計画に対して減益幅が縮小する見込みだ。通期予想は据え置いたが、上振れの可能性がありそうだ。
 
■株価は戻り試す
 
 株価は安値圏に回帰してモミ合う形だが、上方修正を好感して戻りを試す動きを強めそうだ。7月31日の終値は1555円、時価総額は約412億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

サーチナ

最終更新:8/2(日) 11:02

サーチナ

投資信託ランキング