IDでもっと便利に新規取得

ログイン

京写は新型コロナウイルスの影響で21年3月期1Q赤字、通期予想は未定

8/2 10:54 配信

サーチナ

 京写 <6837> (JQ)は7月31日の取引時間終了後に21年3月期第1四半期の連結業績を発表した。新型コロナウイルスによる経済収縮の影響で減収・赤字だった。通期予想は未定としている。期後半の緩やかな需要回復を期待したい。株価はやや軟調展開だ。業績悪化懸念を織り込み済みと考えられる。目先的には売りが優勢になりそうだが、下値は限定的だろう。
 
■新型コロナウイルスの影響で21年3月期1Q赤字、通期予想は未定
 
 21年3月期第1四半期の連結業績は、売上高が前年同期比14.7%減の40億06百万円、営業利益が1億08百万円の赤字(前年同期は2百万円の黒字)、経常利益が1億48百万円の赤字(同1百万円の赤字)、純利益が1億28百万円の赤字(同6百万円の赤字)だった。
 
 新型コロナウイルスによる経済収縮の影響で自動車生産台数が減少し、自動車関連の売上が大幅減少した。
 
 通期予想は引き続き未定としている。当面は新型コロナウイルスによる世界経済収縮の影響で厳しい状況だが、期後半からの緩やかな需要回復を期待したい。
 
■株価は業績悪化懸念を織り込み済み
 
 株価はやや軟調展開だ。業績悪化懸念を織り込み済みと考えられる。目先的には売りが優勢になりそうだが、下値は限定的だろう。7月31日の終値は250円、時価総額は約37億円である。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

サーチナ

最終更新:8/2(日) 10:54

サーチナ

投資信託ランキング