IDでもっと便利に新規取得

ログイン

株主優待好きの投資家が「ウィズコロナ時代のおすすめ優待株」を紹介! コロナ禍の体験で激変した「優待の選び方」や「役立つ優待」などをZoom座談会で徹底討論!

7/31 21:20 配信

ダイヤモンド・ザイ

 ウィズコロナ時代の「おすすめの株主優待」を有名投資家5人が紹介!  さらに、「コロナ禍で役立った株主優待」や「今後の株主優待株の選び方」「これから株主優待株に投資する人へのアドバイス」なども教えてもらった! 

 発売中のダイヤモンド・ザイ9月号は、特集「ウィズコロナ時代の【株主優待】新常識&カタログ47」を掲載!  新型コロナウイルスの影響で、私たちの日常は激変したが、生活様式の変化に伴い、株主優待の“常識”にも変化が生じている。

そこで、この特集では、株主優待好きの有名個人投資家の座談会や、コロナ禍のなかでも注目される株主優待株をカタログ形式で紹介。金融危機に直面しても、株主優待を廃止・改悪する恐れの少ない銘柄の見極め方もまとめているので、株主優待株に投資したい人なら必見だ!  今回はこの特集から、有名個人投資家によるZoom座談会の記事を抜粋した! 

⇒「10年配当株」ランキング第1位は、20年超も“減配”していない塩野義製薬!  第2位で業績の成長と増配が続く日産化学とともに、長期投資に最適な安定配当株

●有名個人投資家は「コロナ・ショック」でどう行動したか? 
「これまでと株主優待選びの考え方が変わった」という意見も! 
 座談会に参加したのは、株主優待ファンとしてダイヤモンド・ザイではおなじみのようこりん、とことこトコタン、小森美紀さん、優待君、夕刊マダムさんの5名。外出自粛中に助けられた株主優待品など、さまざまな体験談をたっぷり語ってもらった。

 ──2020年3月に「コロナ・ショック」が発生し、株式相場はすさまじい暴落に見舞われました。みなさん、株主優待株をたくさんお持ちだと思いますが、どのように対応されましたか? 

ようこりん もう毎日ダダ下がりで、日経平均株価が2万1500円を下回ったら損切りすると決めていたので、どんどん損切りしました。あまりの下げのひどさに途中で萎えて、一瞬、株をやめようかとも思いました。でも、日経平均株価の過去70年の値動きを表す「超長期チャート」をよく見たら、1万5000円で底打ちするかなと。そこからは、思いっきり安くなっている株主優待株を買いまくりました。

夕刊マダム 私は何もできなくて、ただ茫然としていました。株価が安くなりすぎて「絶対に買いだろう! 」っていう銘柄がたくさんあったのに、現金が手元になくて大バーゲンセールに参加できませんでした。こまめに利益確定をして現金を作っておかないと、いざというときに出動できない。目いっぱい株を買いすぎていたなと反省しました。

 ──新型コロナウイルスの影響で、生活スタイルはだいぶ変わったと思いますが、株主優待生活にも変化はあったんでしょうか? 

夕刊マダム 私は株主優待を選ぶ基準が変化しましたね。以前は家の中にモノが溢れるのがイヤで、おもに「QUOカード」などの金券がもらえる銘柄を選んでいました。「QUOカード」さえあれば、マツモトキヨシなどのドラッグストアで、いつでも日用品が買えるので、家にはトイレットペーパーなどの在庫もあまり置いていなかった。でも今回の騒動で、お店に行けば必要なものがすぐに買える日常が、当たり前ではないときもあるんだなと痛感。4月以降はお米やレトルト食品など、モノがもらえる株主優待を選ぶようになりました。

小森美紀 私は外食優待株をたくさん持っているんですけど、5月は外食企業の「株主優待券」の使用期限が集中します。毎年使い切るのが大変なんですが、今年は使用期限を延長する企業が多かったので、余裕がありました。これまでテイクアウトができなかった店も、ほとんどテイクアウトできるようになり、内食のために外食企業の「株主優待券」を使えるようになったのが、コロナ禍による大きな変化。店内でランチを食べつつ、テイクアウトで料理をお持ち帰りして、夜にそれを家で食べる――といった具合に、今までよりも「株主優待券」をフル活用できた気がします。夜のメニューって高いから、私は外食はもっぱらランチなんですけど、テイクアウトは値段がお手頃なのもよかったです。

とことこトコタン たしかに、ほとんどの外食企業が自社店舗などで使える「株主優待券」の使用期限を延長してくれていましたし、テイクアウトに対応する企業も増えましたね。「テング酒場」を経営しているテンアライド(8207)も、本来6月末の使用期限を年末まで延長していました。にもかかわらず、5月に金券ショップをチェックしたときには、テンアライドの「株主優待券」の価格が暴落していたんです。500円券がなんと250円になっていたので、大量に買いました。その「株主優待券」で、テンアライドのレストランのテイクアウト弁当や冷凍つくね、餃子、瓶ビールなんかをゴッソリ買えて、かなりお得でした。

●店頭からさまざまな品物が消えたときも株主優待品が助けに! 
マスクやトイレットペーパー、ホットケーキミックスもゲット! 
優待君 私はその時々でテーマを決めて、テーマに沿った株主優待品がもらえる銘柄を"コレクション”する投資スタイルなんですが、コロナ禍の品不足のときに役立った銘柄も多々あります。たとえば「紙」というテーマに決めたときは、トイレットペーパーなどをもらえる銘柄をコレクションしました。なかでも特種東海製紙(3708)がよくて、3年以上の継続保有でトイレットペーパーを96ロールももらえる。ちなみに、トイレットペーパーは他にも日本紙パルプ商事(8032)や日本製紙(3863)の株主優待でもらえるし、CDG(2487)のように箱ティッシュを贈呈する企業もあります。今のテーマはズバリ「マスク」で、マスクをもらえる株主優待株を集めています。9月に権利確定するホギメディカル(3593)は、医療用のマスクをもらえるので楽しみ。みなさん、マスクはどこの株主優待でもらいましたか? 

ようこりん 松風(7979)の株主優待でもらったマスクは、箱を開けていないままだったけど。3月はどこに行っても店頭にマスクがなかったので、ストックがあって助かりました。

夕刊マダム 松風のマスクは歯科医向けで品質がいいんですよね。

とことこトコタン シャープ(6753)も株主はマスク1箱が買えると発表しましたね。

ようこりん そこはタダではないんだ……。マスク以外も、今年は株主優待にだいぶ助けられたよね。私は尾家産業(7481)のホットケーキミックスもよかった。長期継続保有の株主向けの株主優待でもらいました。普段はあまり食べないけど、ないと言われると食べたくなる(笑)。

小森美紀 私も同じです!  ホットケーキミックスが全然売っていなくて、みんなが「ないない」って騒いでいるときでも、株主優待品を置いている部屋に行ったら、マスクもホットケーキミックスもいっぱいあるし。毎日ホットケーキを焼いて食べていました。

●コロナ禍で実感した"使えない株主優待”も……。
ホテルやカラオケ、映画館などの優待券はまだまだ出番なし! 
優待君 尾家産業もそうですが、長期継続保有の優遇制度は、やっぱり狙い目ですよね。ヨロズ(7294)は「QUOカード」かカタログ商品か選べますが、100株保有で1年目は1000円分、2年目は2000円分、3年目は3000円分ももらえるので、かなりうれしい。

夕刊マダム 日本モーゲージサービス(7192)も株価が上がっているので売りたいんですけど、株主優待に長期継続保有の優遇制度があるので売れないんですよね。

優待君 長期継続保有の優遇制度の内容が太っ腹ですよね(※編集部注:1年以上継続保有すると4500円相当、3年以上継続保有すると9000円相当のカタログギフトがもらえる。通常の株主優待は、100株保有で3000円分の「QUOカード」)。私も楽しみです。

ようこりん あと、コロナ禍のなかで使ってみてよかったのが、トラスコ中山(9830)にもらったタコ焼き機。ちなみにタコは業務用のスーパーで買いました。一時期、普通のスーパーは混んでいたけど、飲食店が営業していないので業務用のスーパーは空いていて、「株主優待券」も使えるし。トーホー(8142)や大光(3160)、神戸物産(3038)が経営する業務用のスーパーでお買い物をしていました。みんながやらないことをやる。逆バリの精神って大事です。

とことこトコタン みなさん、逆に使えなかった株主優待ってありますか? 

ようこりん カラオケとホテル関係の優待券。上場廃止になったので、ユニゾホールディングスは使用期限の延長がなかったよね。まだ余っているんだけど(※編集部注:廃止前は自社グループのホテル割引券などがもらえた)。

夕刊マダム 映画の優待券もイマイチ。映画館はやっと行けるようになったけど、新作を上映していないんですよね。ラインナップをチェックしたら、見たことのある作品ばかりでした。

●よく行く飲食店の「株主優待券」がもらえるなら、
長期間保有して優待券を使い続けるうちに投資の元がとれることも
 ──ところで、みなさんは株主優待株を買うにあたって、業績はどの程度チェックしているんでしょうか。外食企業は足元の業績が悪いところが多いですが、株を持ち続けることに不安はありませんか? 

とことこトコタン 外食株は業績と株価が連動しないこともよくあります。たとえば、日本マクドナルドホールディングス(2702)は子どもに人気で、株主優待の使い勝手がいい。業績が悪いときでも株価は上がっていましたからね。

小森美紀 外食株はもともと株主優待利回りがすごく高いので、私は永久に持ち続けるつもり。株主優待だけで投資額の元は取れていて、株価はタダみたいなもの。あまり気にしていません。

優待君 梅の花(7604)のように、業績が悪くなって、株主優待が大幅に改悪されることもありますけどね。ジェイグループHD(3063)なんかも、財務はあまりよくないけど、地元にお店がたくさんあるので目をつぶって持ち続けています。たばこのほかに加工食品も展開するJT(日本たばこ産業・2914)も、業績はイマイチで株価上昇は期待しづらい。でも株主優待好きなら大体持っていますよね。配当利回りが7%台なうえに株主優待もいい。魚沼に工場があってパックご飯が美味しい(※編集部注:JTは100株以上を1年以上継続保有すると、保有株数に応じてパックご飯や冷凍うどんなどがもらえる)。

ようこりん 私もJTは家族で1000株ずつ持っています。冷凍の讃岐うどんやジャムも美味しい。ラスクは賞味期限が短いので太りますが。

夕刊マダム JTは相場がイケイケのときは株価が上がらなかったけど、逆にコロナ・ショックのときもそれほど下がりませんでしたね。

●自社のサービスと関係のない株主優待は、業績悪化で廃止の恐れも
QUOカード銘柄などは、業績もある程度チェックしよう! 
とことこトコタン コロナ禍に合わせた株主優待と言えば、ガーデニング用品のタカショー(7590)が株主優待で贈ってくれた「プレミアム優待倶楽部」のポイントで、コンロとテントのバーベキューセットと交換しました。

夕刊マダム それ、めちゃめちゃポイント持っていますね。

とことこトコタン 新型コロナウイルスの影響で外出できなかったので、ベランダにテントを張って、の株主優待でもらったランタンを灯して、子どもも大喜びでした。また外出ができるようになっても使えますから。

優待君 「プレミアム優待倶楽部」は大口だといいけど、保有株が少ないと還元率がよくない場合もありますね。「QUOカード」もそうですが、株主優待品が自社製品やサービスでないと、株主優待の制度自体が廃止になるリスクがあります。逆に、財務がそこそこよくて、株主優待が自社サービスだと、廃止リスクは少なくなる。

ようこりん そういう意味では、タカショーは財務も安定していて安心かも。園芸関連ってアフターコロナ銘柄ですよね。私も「プレミアム優待倶楽部」のポイントで、テーブルとチェアのセットをもらうつもりです。業績は横ばいなら十分。大事なのは赤字を続けないことだと考えます。一期くらいの赤字は仕方ないけど、毎年赤字が続く企業は要注意かな。

 ──最後に、これから株主優待株を買う人へのアドバイスはありますか? 

ようこりん 1~2年単位で考えないで、10年くらいずっと株主優待と付き合うつもりで臨んでほしいです。

とことこトコタン 自分がほしい株主優待がもらえる銘柄なら、長く付き合えますよ。

小森美紀 株価が下がっているときは買いのチャンスです。買ったら配当と株主優待を楽しんで、株価が上がればうれしいし。逆に相場全体が下がれば、安値で株が買えるので、それはそれで楽しい。株主優待があると、どんなときでも楽しめます。

優待君 株主優待銘柄といえども、株価は指数にある程度は連動します。NYダウが大暴落したときは買いのチャンス。日頃から買いたい株をチェックしておいて、株価が下がったときに買うといいと思います。

 ここまで、ダイヤモンド・ザイ9月号に掲載している特集「ウィズコロナ時代の【株主優待】新常識&カタログ47」から、株主優待好きの有名個人投資家の座談会を抜粋した。特集では座談会をもう一つ掲載しており、そちらではやはり有名個人投資家である夕凪さんとまつのすけさんが、下落局面でのトレード手法について語ってくれているので、ぜひ、誌面も併せてチェックしてほしい! 

●コロナ禍で不透明な相場環境の中でも注目すべき株とは? 
ダイヤモンド・ザイ9月号をチェック! 
 今回は、発売中のダイヤモンド・ザイ9月号の特集「ウィズコロナ時代の【株主優待】新常識&カタログ47」から、一部を抜粋してお届けした。

 ダイヤモンド・ザイ9月号の大特集は「継続こそ企業の実力! 【10年連続株】」!  この特集では、10年以上にわたって「高配当を継続」「増配を継続」「増収を継続」「金融資産の保有割合が高い状態を継続」という条件を一つでも満たす銘柄を「10年連続株」と命名。これまで日本株市場はさまざまな国難に翻弄されてきたが、「10年連続株」には危機を乗り越える“底力”を持った銘柄が多い。そこで、特集では「10年連続株」の条件を満たす注目銘柄を、先の4条件の下に分類してピックアップ。ダイヤモンド・ザイ独自の基準でスコアを付け、ランキング形式で紹介しており、投資の参考になるはずだ。

 ダイヤモンド・ザイ9月号では、ほかにも読みごたえのある特集を多数掲載!  10年間好成績をキープする投資信託をセレクトした「10年ずっと成績がいい投資信託ベスト15」や、コロナ禍の中で開催された株主総会のレポートをまとめた「2020年【株主総会】事件簿」、「村上ファンド」としてその名を知られた村上世彰さんに聞く「コロナ禍での投資の心構え」など、盛りだくさんな内容となっているので、ぜひチェックを! 

ダイヤモンド・ザイ

関連ニュース

最終更新:7/31(金) 21:20

ダイヤモンド・ザイ

投資信託ランキング