IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ゲーム株概況(7/31)】ドリコムが終値ベースで700円台を回復 外資系が新規「買い」のネクソンは高値更新 Aimingは一時4ケタ乗せも一巡後に急落

7/31 18:06 配信

Social Game Info

7月31日の東京株式市場では、日経平均は6日続落となり、前日比629.23円安の2万1710.00円と6月29日以来、約1ヶ月ぶりに2万2000円台を割り込んで取引を終えた。東京都内の新型コロナウイルスの新規感染者が初の400人台となったことで、感染拡大が続くことによる経済活動の低迷への懸念が広がった。

そうした中でゲーム関連株の動きを見てみると、ドリコム <3793> が大幅続伸し、終値ベースで700円台を回復した。ドリコムは、先日の業績予想の上方修正発表時に第2四半期の落ち込みを示唆していたが、決算通過で実際に見通しが出てアク抜けした形になったもよう。また、決算説明会で、開発・運用パートナーであるノックノートのゲーム開発部門の一部を譲り受けることを発表したことも株価の刺激材料となっているようだ。

決算関連では、enish <3667> と東映アニメ <4816> も大幅反発した。

また、ゴールドマン・サックス証券がレーティングを新規「買い」とし、目標株価を3500円に設定したネクソン <3659> は、年初来高値を更新した。

半面、Aiming <3911> は、一時1018円まで買われたものの、一巡後に900円割れまで売られる展開となった。

前日買われたオルトプラス <3672> やモバイルファクトリー <3912> は大幅反落したほか、ボルテージ <3639> やモブキャストHD <3664> などの下げもきつい。

Social Game Info

関連ニュース

最終更新:7/31(金) 18:06

Social Game Info

投資信託ランキング