IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は続落、ミクリード、カイオムが売られる

7/27 11:33 配信

株探ニュース

 27日前引けの東証マザーズ指数は前営業日比13.73ポイント安の998.87ポイントと続落。値上がり銘柄数は106、値下がり銘柄数は206となった。

 個別ではフィーチャ<4052>が年初来安値を更新。ミクリード<7687>、カイオム・バイオサイエンス<4583>、オンコリスバイオファーマ<4588>、アズーム<3496>、インティメート・マージャー<7072>は値下がり率上位に売られた。

 一方、Aiming<3911>がストップ高。ベガコーポレーション<3542>、ロコンド<3558>、GMOフィナンシャルゲート<4051>、フロンティア・マネジメント<7038>は年初来高値を更新。ヴィス<5071>、プレシジョン・システム・サイエンス<7707>、アイキューブドシステムズ<4495>、アディッシュ<7093>、リボミック<4591>は値上がり率上位に買われた。

株探ニュース(minkabu PRESS)

株探ニュース

関連ニュース

最終更新:7/27(月) 11:51

株探ニュース

投資信託ランキング