IDでもっと便利に新規取得

ログイン

6月の米小売売上高、7.5%増=経済再開で2カ月連続プラス

7/17 0:19 配信

時事通信

 【ワシントン時事】米商務省が16日発表した6月の小売売上高(季節調整済み)は前月比7.5%増の5243億0600万ドル(約56兆円)となった。新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴い落ち込んだ経済活動が再開を背景に、2カ月連続のプラスとなった。
 市場予想(ロイター通信調べ)の5.0%増を上回った。過去最大の伸びとなった前月(18.2%増、改定)から鈍化したものの、国内総生産(GDP)の約7割を占める個人消費の持ち直しを示した。ただ前年同月比は1.1%増と回復力は弱く、4~6月期のGDPは大幅に落ち込むと予想されている。
 経済再開が進む一方、フロリダやテキサス、カリフォルニアなど南部や西部諸州で感染が急拡大し、レストラン営業などが再び規制された。7月以降に個人消費に影響が出る可能性がある。
 変動の激しい自動車・同部品を除くと7.3%増、ガソリンを除くと7.0%増、自動車・同部品とガソリンを除くと6.7%増。自動車・同部品ディーラーは8.2%増、ガソリンスタンドは15.3%増と好調だった。
 衣料品は105.1%増と前月に続いて大きく伸びた。スポーツ用品・音楽機器・書籍は26.5%、レストランなど飲食サービスは20.0%それぞれ増えた。半面、食品・飲料店は1.2%減とマイナスに転じ、新型コロナ感染予防の「巣ごもり」に伴う買いだめが一服した可能性がある。
 ◇6月米小売売上高の内訳
小売売上高       7.5(前年同月比1.1)
 自動車・部品除く   7.3(▲0.5)
 ガソリン除く     7.0( 2.9)
自動車・同部品     8.2
電子機器・家電    37.4
建築資材関連     ▲0.3
食品・飲料      ▲1.2
ガソリンスタンド   15.3
衣料        105.1
スポーツ用品・書籍  26.5
一般量販店       2.7
 うちデパート    19.8 
無店舗販売      ▲2.4
飲食サービス     20.0
(注)前月比増減、単位%、▲は減少/マイナス
(了)〈USDC〉〈STAT〉

時事通信

関連ニュース

最終更新:7/17(金) 2:26

時事通信

投資信託ランキング