IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ニューヨーク外国為替市場概況・24時 ユーロドル、堅調

7/17 0:06 配信

トレーダーズ・ウェブ

 16日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは堅調。24時時点では1.1432ドルと22時時点(1.1410ドル)と比べて0.0022ドル程度のユーロ高水準だった。欧州中央銀行(ECB)の金融政策イベントを無難に通過したほか、一時は210ドル超下落したダウ平均がプラス圏を回復したことでリスク・オフのドル買いが後退し、1.1442ドルの本日高値まで持ち直した。
 なお、ラガルドECB総裁は理事会後の記者会見で「ECBの想定はEU復興基金が承認されることを前提にしている」「キャピタルキーは依然として指標」「ECBの戦略検証は来年下期に完了と予想」などと述べたが、相場の反応は限られた。

 ドル円は伸び悩み。24時時点では107.11円と22時時点(107.16円)と比べて5銭程度のドル安水準だった。22時30分過ぎに一時107.20円と日通し高値を付けたものの、全般ドル買いの勢いが後退するとドル円も伸び悩んだ。なお、主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは一時95.89まで低下した。

 ユーロ円はしっかり。24時時点では122.45円と22時時点(122.28円)と比べて17銭程度のユーロ高水準。ユーロドルの上昇につれた買いが入り、一時122.50円と前日高値に面合わせした。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:106.83円 - 107.20円
ユーロドル:1.1378ドル - 1.1442ドル
ユーロ円:121.82円 - 122.50円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:7/17(金) 0:06

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング