IDでもっと便利に新規取得

ログイン

BNYメロンが下落 低金利環境下で事業の不透明性に言及=米国株個別

7/16 4:26 配信

みんかぶFX

 バンク・オブ・ニューヨーク・メロンが下落。4-6月期決算を発表しており、1株利益は予想を上回ったものの、低金利環境で事業の不透明性に言及したことが嫌気されている。ギブソンCEOは声明で「経済の不確実性に伴う下振れリスクは依然としてあり、低金利環境から、相当の重圧を受けている」と述べた。

 預金金利がゼロ以下に落ち込む中で、顧客は預金を維持するために逆に金利を支払ったことも明らかにした。預金金利はマイナス0.03%となったという。ドルのほかにユーロのマイナス金利も圧迫した。同行はドル以外の通貨での預金が全体の約25%となっている。

 第3四半期については「環境は依然として流動的であり、変数は急速に変化している」と述べ、第2四半期を通じてLIBOR金利の低下が見られた中、第3四半期の金利収入は更に8%~11%の減収が見込まれると述べた。

(4-6月・第2四半期)
・1株利益:1.01ドル(予想:0.92ドル)
・総資金利ざや:0.88%(予想:0.92%)
・貸倒引当金:1.43億ドル(予想:1.15億ドル)
・ティア1比率:12.6%(予想:11.7%)
・実効税率:18.3%(予想:20.8%)
・金利以外の支出:26.9億ドル(予想:26.6億ドル)

(NY時間15:16)
BNYメロン 36.83(-2.14 -5.49%)

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

みんかぶFX

関連ニュース

最終更新:7/16(木) 4:26

みんかぶFX

投資信託ランキング