IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米新規失業保険申請、130万件=前週比1万減―労働省

7/16 23:46 配信

時事通信

 【ワシントン時事】米労働省が16日発表した11日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は130万件と、前週比1万件減少した。市場予想(ロイター通信調べ)は125万件だった。
 失業保険受給者総数は4日までの1週間で1733万8000人と、42万2000人の減少。市場予想は1760万人。

新規失業保険申請件数(7月5日~11日)
       130万件(前週比1万件減)
4週間平均  137万5000件(前週比6万件減)

新規失業保険申請件数(6月28日~7月4日)
       131万件(改定前131万4000件)

失業保険受給者総数(6月28日~7月4日)
       1733万8000人(前週比42万2000人減)
4週間平均  1827万2250人(前週比73万7750人減)

失業保険受給者比率(6月28日~7月4日)
       11.9%(前週12.2%)
(了)〈STAT〉

時事通信

関連ニュース

最終更新:7/17(金) 2:26

時事通信

投資信託ランキング