IDでもっと便利に新規取得

ログイン

欧州外国為替市場概況・22時 ユーロドル 底堅い

7/16 22:05 配信

トレーダーズ・ウェブ

 16日の欧州外国為替市場でユーロドルは底堅い。22時時点では1.1410ドルと20時時点(1.1395ドル)と比べて0.0015ドル程度のユーロ高水準だった。欧州中央銀行(ECB)の金融政策イベントにサプライズがなく、リスクオフのドル買いも一服したこともあり、一時1.1425ドルまで買われる場面があった。
 ECBは政策金利を据え置きし、パンデミック緊急資産購入プログラム(PEPP)を1.35兆ユーロで維持した。また、ラガルドECB総裁の「業務の範囲内で必要なことは何でもする」「全ての政策手段を必要に応じて調整する用意」などの発言が伝わった。

 ユーロ円はじり高。22時時点では122.28円と20時時点(122.07円)と比べて21銭程度のユーロ高水準だった。投資家のリスクオフの動きが一服し、122.39円まで上値を伸ばした。ダウ先物は下げ渋るも、200ドル安前後で戻りが鈍い。

 ドル円は伸び悩む。22時時点では107.16円と20時時点(107.13円)と比べて3銭程度のドル高水準だった。107.19円を頭に107円前半で小動き。6月米小売売上高や7月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数が市場予想を上回るなど、米経済指標はおおむね良好な結果となったが、反応は限られた。

本日これまでの参考レンジ
ドル円:106.83円 - 107.19
ユーロドル:1.1378ドル - 1.1425ドル
ユーロ円:121.82円 - 122.39円

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:7/16(木) 22:05

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング