IDでもっと便利に新規取得

ログイン

グローセル Research Memo(6):新商材「STREAL」事業の確立で中長期の成長を図る

7/15 15:19 配信

フィスコ

現在値
グローセル406---

■中長期成長戦略

1. 中長期の成長戦略と新中期経営計画「SSG 2021」の概要
グローセル<9995>は2019年5月に、2020年3月期-2022年3月期までの3ヶ年中期経営計画として、持続的成長可能な企業を目指す新中期経営計画「SSG 2021」を発表した。この「SSG 2021」のネーミングは、「Semiconductor(半導体)とSensor(センサー)でGlobal(グローバル)にGrowth(成長)する」に由来している。これまでの同社の主力商材であるSemiconductorに加えてSensorという新商材を中期経営計画に冠したことは、この新商材の成功に自信を深めている証左と言えるだろう。

当初の「SSG 2021」の定量的目標は、2022年3月期に売上高912億円、営業利益16.1億円であったが、足元でコロナの影響が発生し、2021年3月期の予想が未定であることから、これまでの目標を一旦白紙とし、新たに外部環境に左右されない経営指標として、売上規模800億円、(ルネサス製品600億円、CSBほか200億円、うちSTREAL30億円)、営業利益率2.0%を掲げた。

定量的目標は変更されたが、定性的な目標は変わっておらず、この間も以下のような重点施策を粛々と進める計画だ。

(1) ルネサス製品の売上げ、デザイン-インの強化・推進
(2) 新規ビジネス品のシステムソリューション提案
(3) 新商材「STREAL」事業の確立
(4) 国内・海外の連携強化による海外ビジネスの拡大
(5) 特約店との連携強化による一体となった営業活動強化
(6) 技術商社としてのOne Stop Solution強化

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)


《NB》

フィスコ

関連ニュース

最終更新:7/15(水) 15:37

フィスコ

投資信託ランキング