IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日経平均は358円高と大幅反発、一時伸び悩むも持ち直す、TOPIXは200日線を回復=15日後場

7/15 15:19 配信

モーニングスター

現在値
国際帝石605.9+6.80
石油資源開1,699-1
日本製鉄877.1+19.60
JFEHD679-5
神戸鋼346+8

 15日後場の日経平均株価は前日比358円49銭高の2万2945円50銭と大幅反発。朝方は、新型コロナウイルスワクチンの開発進展報道を背景に現地14日の米国株式が上昇した流れを受け、買いが先行した。米バイオ医薬のモデルナが同日、開発を進める新型コロナワクチンに関して第1相試験の参加者全員が抗体を獲得したことを確認したと発表、時間外取引での米株価指数先物の上昇も支えとなり、いったん2万2900円台半ば近辺まで値を上げた。その後、中国・上海総合指数が朝高後に下げに転じたこともあり、後場序盤にかけて伸び悩んだが、買い気は根強く持ち直し一時2万2965円56銭(前日比387円55銭高)を付けた。その後も高値圏で推移した。TOPIX(東証株価指数指数)は6月23日以来の200日線回復となった。

 東証1部の出来高は12億4571万株、売買代金は2兆2092億円。騰落銘柄数は値上がり1860銘柄、値下がり260銘柄、変わらず51銘柄。

 市場からは「きょうのところは、新型コロナワクチンの開発期待が感染者拡大よりも優った。TOPIXも200日線をクリアし、動きがいい。ただ、決算を控えて機関投資家は動けず、誰がここから上を買うのか悩ましい」(準大手証券)との声が聞かれた。

 東証業種別株価指数は全33業種が値上がり。業種別では、国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株が上昇。日本製鉄 <5401> 、JFE <5411> 、神戸鋼 <5406> などの鉄鋼株や、コマツ <6301> 、IHI <7013> などの機械株も高い。三菱地所 <8802> 、住友不 <8830> などの不動産株や、三井物産 <8031> 、住友商 <8053> 、丸紅 <8002> などの卸売株も堅調。TOYO <5105> 、ブリヂス <5108> などのゴム製品株も値を上げ、リクルートH <6098> 、電通グループ <4324> などのサービス株や、日産自 <7201> 、トヨタ <7203> 、ホンダ <7267> などの輸送用機器株も買われた。

 個別では、ダントーHD <5337> 、イズミ <8273> 、PRTIME <3922> がストップ高となり、セラク <6199> 、カネコ種 <1376> 、東京個別 <4745> などの上げも目立った。半面、Gunosy <6047> 、アトラ <6029> 、IDOM <7599> 、ネオス <3627> 、クリレスHD <3387> などの下げが目立った。

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:7/15(水) 15:19

モーニングスター

投資信託ランキング