IDでもっと便利に新規取得

ログイン

グーグル、デジタル課税のルール策定でOECDの取り組み支持

7/14 8:00 配信

ロイター

[ニューデリー 13日 ロイター] - 米アルファベット<GOOGL.O>傘下グーグルのスンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は13日、主要国が連携して大手IT(情報技術)企業などに対するデジタル課税の国際ルールを策定する経済協力開発機構(OECD)の取り組みを支持する考えを示した。

OECDの取り組みには100カ国以上が参加しているが、新型コロナウイルスの影響で協議は進んでいない。

一方、米国は、フランスやインド、トルコなどが独自のデジタル税の導入に動いていることについて、米国のハイテク企業に不利になると不満を示し、調査に乗り出している。

ビデオ形式でロイターの取材に応じたピチャイ氏は、OECDの枠組みを信頼することが重要だと説明。「この問題は、1企業だけで解決する問題ではない」と指摘し、「われわれはOECDの取り組みを支える」と表明した。

インドなどで導入が進められるデータ規制に関しては「市民のプライバシー保護と製品やサービスの自由な流れを容認することの間でバランスを取ることが重要だ」と述べ、「それがデジタル経済の可能性だ。インターネットの強みは、世界的に利用できるという点だ」と強調した。

グーグルはこの日、デジタル経済が急成長するインドに、今後5─7年で100億ドルを投資すると表明した。

ロイター

関連ニュース

最終更新:7/14(火) 8:00

ロイター

投資信託ランキング