IDでもっと便利に新規取得

ログイン

米国市場サマリー(13日)☆3

7/14 8:38 配信

時事通信

【金】3日ぶり反発
 世界的な新型コロナウイルスの感染拡大懸念が強まる中、安全資産としての金需要が活発になり、3営業日ぶりに反発した。中心限月8月物の清算値は前週末比12.20ドル(0.68%)高の1オンス=1814.10ドル。金塊現物相場は午後1時53分現在、11.455ドル高の1810.945ドル。
 
【株価指数先物】日経225先物、大阪引値比170ポイント安
 CMEの日経225先物9月きりは、60ポイント安の22540(高値22850、安値22505)だった。13日の大阪引値(22710)比170ポイント安。9月きりのドル建て清算値は22570だった。(了)

時事通信

関連ニュース

最終更新:7/14(火) 11:26

時事通信

投資信託ランキング