IDでもっと便利に新規取得

ログイン

リビア石油産業の混迷深まる、国民軍司令官が港湾・油田封鎖継続

7/13 7:22 配信

Bloomberg

(ブルームバーグ): リビアの石油産業の混迷が深まっている。国営エネルギー会社が石油輸出を再開できると表明した翌日、同国の内戦の重要人物である軍事組織「リビア国民軍(LNA)」のハフタル司令官が港湾と油田の封鎖を続けると警告したためだ。

ハフタル司令官率いるLNAは10日、東部のシドラ港からイタリアに向かうタンカーに原油約73万バレルを積載することを許可した。ただこれは例外的な措置であり、他の輸出は原油収入の公正な分配と、トリポリにあってエネルギー収入を扱う中央銀行の監査で内戦当事者双方が合意するまで禁止される。LNAのミスマリ報道官が11日夜にフェイスブックへの投稿で発表した。

同じくトリポリに本拠を置くリビア国営石油会社(NOC)は12日遅くに全ての輸出に関して不可抗力条項を再度発動した。ハフタル司令官の決定には「大いに失望した」との見解をNOCは声明で表明した。

少なくとも石油会社3社が既に生産を停止もしくは再開計画を中止した。リビア最大のシャララ油田のオペレーターは12日から日量4万バレルを生産する予定だったが、ハフタル司令官の発表を受けて見送ったと事情に詳しい複数の関係者は話した。

NOCは声明で、ロシアとシリアの雇い兵がシドラを占領し、シャララ油田付近に陣取っている者もいるとし、彼らに撤退を要請した。

中銀によれば、ハフタル司令官による1月の封鎖措置で石油輸出国機構(OPEC)加盟国リビアの原油生産量は日量120万バレルから同約10万バレルに激減し、同国が失った収入は70億ドル(約7490億円)に上っているという。リビアの生産量はカダフィ大佐が追放され内戦に至る前の2011年の早い時期には同160万バレルまで高まっていた。

西部トリポリに本拠を置くシラージュ暫定政権は、ハフタル司令官率いる東部の勢力と国の支配を争っており、双方は中部の都市シルト近郊でにらみ合っている。シラージュ暫定政権を支持するトルコは、ハフタル司令官の勢力がシルトとジュフラ付近から撤退するまでは停戦に合意しないと表明した。ハフタル司令官側を支持しているのはロシアやエジプト、アラブ首長国連邦(UAE)など。

原題:Libyan Oil Industry Thrown Into More Chaos as Haftar Digs In (2)(抜粋)

(c)2020 Bloomberg L.P.

Bloomberg

関連ニュース

最終更新:7/13(月) 9:26

Bloomberg

投資信託ランキング