IDでもっと便利に新規取得

ログイン

連日200人を超える東京都の新型コロナ感染者。週明けの相場への影響は?

7/12 21:00 配信

LIMO

国内でコロナ感染者数が増加したことを受けて売りが広がる

2020年7月10日の東京株式市場で、日経平均株価の終値は前日より238円48銭安の22,290円81銭となりました。週初6日は中国・上海株の大幅上昇などを受けて、前週末比407円高となりました。しかし、その後は伸び悩みました。

週末10日には東京都で新型コロナウイルスの新規感染者数が、1日あたりの感染者数では過去最多となる243人に達したことが伝わると、経済活動再開が遅れるとの懸念から売りが広がりました。ただし、週間で見ると前週末からの下げ幅は15円あまりにとどまりました。

今週の展開はどうなるでしょうか。新型コロナウイルスの影響などを巡り、投資家が一喜一憂して相場が上昇と下落を繰り返すような状況が続いています。

1日で前日の上げ幅や下げ幅を打ち消すような「往って来い」のような動きになることも珍しくありません。とはいうものの、投資家は「アフターコロナ」を見越した「買う」材料を探しているようにも見えます。

感染拡大が止まらない米国では9日、ダウ工業株30種平均は前日比361ドル以上下落。しかし、翌10日に米バイオ製薬会社がコロナ治療薬の臨床試験で成果が見られたことを発表すると、ダウ平均は前日比369ドル反発しました。日本株も、週初から連れ高になることが期待されます。

国内外でコロナの新規感染者数が増加しているものの、実体経済は改善しつつあります。内閣府が8日に発表した景気ウォッチャー調査では、6月景気の現状を示す指数が、前月を23.3ポイント上回って38.8と、過去最大の上げ幅になっています。

まもなく、多くの企業で第1四半期の決算発表が行われます。明るい見通しを出す企業が出てきており、特に小売、流通では株価が上昇しているところが目立ちます。

一方で、10日にはファーストリテイリングが2020年8月期の業績予想を下方修正するなど十把一絡げにできないところもあります。当面は個別銘柄を物色する戦略になるでしょう。ただし、どの銘柄も、投資家が一喜一憂するような値動きになりがちなので注意したいところです。

25日移動平均線を割り込んだが、売り急ぐほどではない

先週の日経平均の値動きをテクニカル面から振り返ってみましょう。

週初6日に長めの陽線で25日移動平均線を上抜けました。25日線で下値をサポートされるかどうかがポイントになります。その後7~9日は、陰線になりながらも25日線をなんとか維持するような動きでしたが、週末10日には長めの陰線で25日線を下抜けてしまいました。

今後の展開はどうなるでしょうか。25日線を割り込んだからといって、ただちに売り目線になる必要はありません。というのも、現状は6月9日の高値(23,185円)からの調整で、三角保ち合いのような形になっているからです。

直近では、ペナントを若干上に抜けたような状態です。という点ではむしろ上目線でサポートを確認したいところです。

今週、まずは25日線を回復し、下値がサポートされるかどうかが注目されます。やや気になるのは、昨今の動きで、25日線が上向きから水平、さらに下向きに変わってきたことです。

ここからさらに調整が進むとすれば、直近の下値メドとなるのは、目先意識されやすい22,000円、6月29日の安値(21,969円)などになります。これを割り込むと、今度はペナントを下抜ける形になります。

さらに6月15日の安値(21,529円)を割るようだと、短期的な上昇トレンドが否定される形になりますので警戒が必要です。逆に言えば、若干の調整があったとしても、このあたりまでは押し目買いの好機にもなります。

LIMO

関連ニュース

最終更新:7/12(日) 21:00

LIMO

投資信託ランキング