IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【米国株動向】配当利回りが6%を超える5銘柄

7/11 11:00 配信

The Motley Fool

モトリーフール米国本社、2020年6月28日投稿記事より

今年前半に株式市場で見られた高水準のボラティリティは、インカム投資家にチャンスをもたらしました。株価の下落に伴い配当利回りは上昇するためです。

セクターによっては新型コロナウイルス(COVID-19)に起因する当初の株価下落から反発しましたが、エネルギーおよび不動産セクターの株価は依然として低水準です。

両セクターのなかには財務的な問題を抱えている企業も多くあり、それらの企業は次々と配当を減らしています。

一方で、堅調に推移し、投資家により魅力的な配当を支払っている企業もあります。

以下の5企業は、それらのセクターで注目に値する、配当利回りが6%以上のインカム銘柄です。
メディカル・プロパティーズ・トラスト:配当利回り6.1%(執筆時点)
メディカル・プロパティーズ・トラスト(NYSE:MPW)は自社で医療用施設を所有し、それを事業者にリースする不動産投資信託(REIT)です。

医療用施設はCOVID-19感染流行の現場ともいえますが、テナントの賃料支払いに大きな影響は出ていません。

同社はパンデミック中も毎月請求する賃料の95%以上を回収しており、通期の収益見通しを達成する見込みです。

これにより、キャッシュフローの65%という保守的な配当性向での配当支払いが可能となり、同社の高水準の配当利回りを支えるでしょう。

健全なバランスシートも考慮すると、同社の配当支払いは確実でしょう。
キンダー・モルガン:配当利回り7.1%(執筆時点)
エネルギーインフラ大手のキンダー・モルガン(NYSE:KMI)は、今年の原油市場の下落による下押し圧力をやや受けています。

同社は市場のボラティリティによって、キャッシュフローが当初の見通しから10%下回ると予想していますが、それでもなお配当支払いと計画されている設備投資を十分にカバーする水準にあります。

投資適格の堅実なバランスシートも考慮すると、同社の高水準の配当支払いは持続可能でしょう。
SLグリーン・リアルティ:配当利回り7.1%(執筆時点)
SLグリーン・リアルティ(NYSE:SLG)はニューヨーク市のオフィスビル、商業施設に特化したREITです。

COVID-19が同地域を襲ったことで、同社ビルのテナントは甚大な影響を受けました。

しかし、大半は賃料の支払いを継続し、同社によれば4月は賃料の89.1%、5月は84.7%を回収しました。

これらの数値は、同市が経済を再開するにつれて改善するはずです。

賃料回収がある程度下押し圧力を受けているので、SLグリーンの今年のキャッシュフローは低下するとみられます。

しかし、同社の配当支払いは通常、キャッシュフローの50%程度なので、キャッシュフローが低下しても配当支払いには影響しないはずです。

さらに、同社は強靭なバランスシートを持ち、今年はすでに資産売却により10億ドルの現金を創出しました。

現金は良い緩衝剤になると同時に、下落した同社株式の一部の買戻しを再開することも可能です。
エンブリッジ:配当利回り7.7%(執筆時点)
カナダの石油・ガスパイプライン大手エンブリッジ(NYSE:ENB)は今年の原油市場下落の影響をほとんど受けていません。

同社の事業モデルは低リスクで、エネルギー量や価格の変動にあまりさらされていません。

これにより、同社はキャッシュフロー見通しを順調に達成する見込みです。

現在の配当性向はキャッシュフローの65%程度なので、投資適格のバランスシートを考慮すると、配当支払いは確実でしょう。

将来の増配につながる同社の新規プロジェクトに資金を充当できる財務の柔軟性もあります。
ウィリアムズ・カンパニーズ:配当利回り8.5%(執筆時点)
天然ガスパイプラインの運営会社ウィリアムズ・カンパニーズ(NYSE:WMB)は、エネルギー市場の下落が今年の業績に軽微な影響を与えるも、現時点では当初ガイダンスのレンジの下限を達成すると見込んでいます。

これにより、配当をカバーしたうえで、さらに今年計画している設備投資に充当する10億ドル分の現金を十分に創出することができます。

投資適格のバランスシートを考慮すると、同社の高水準の配当支払いは確実でしょう。
不景気を切り抜ける力がありそう
何百もの企業が今年は配当を減らしたり見合わせたりしていますが、減配の大部分は高水準の配当利回りのエネルギーや不動産セクターで行われています。

しかし、それらのセクターの配当支払いがすべて不安定なわけではなく、上記5社は配当支払いに安定感があります。

ポートフォリオの利回りを高めたい投資家は注目すべき銘柄といえるでしょう。

【米国株動向】最良の配当株を見つける投資対象の絞り込み方

The Motley Fool

関連ニュース

最終更新:7/11(土) 11:00

The Motley Fool

投資信託ランキング