IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日経平均は99円安と4日ぶり反落、時間外のNYダウ先物安が重し、値上がり銘柄数1281=7日後場

7/7 15:16 配信

モーニングスター

現在値
東急1,260-10
JR西日本4,749-117
中外薬4,926+13
大日本住友1,360+1
東電HLD297+1

 7日後場の日経平均株価は前日比99円75銭安の2万2614円69銭と4営業日ぶりに反落。朝方は、きのう大幅続伸(407円96銭高)した反動で、利益確定売りが先行した。いったん持ち直して上げに転じる場面もあったが、買いは続かず、再度軟化。株価指数先物に断続的な売りが出て一時2万2540円44銭(前日比174円00銭安)まで下落した。時間外取引でNYダウ(ミニ)先物が値を下げ、重しとして意識された。その後下げ渋ったが、戻りは限定された。主要ETFの決算集中日の第一弾を8日に控え、分配金支払いに伴う換金売りが警戒され、手控えにつながった面もある。

 東証1部の出来高は10億9360万株、売買代金は2兆1263億円。騰落銘柄数は値上がり805銘柄、値下がり1281銘柄、変わらず84銘柄。

 市場からは「下値では買い戻しが入るが、個別株中心の物色であり、指数は方向性が見出しにくい。中長期上昇トレンドに崩れはないが、上に突き抜けるだけの材料がない」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、東急 <9005> 、JR西日本 <9021> などの陸運株が下落。中外薬 <4519> 、大日住薬 <4506> などの医薬品株や、東電力HD <9501> 、Jパワー <9513> などの電気ガス株も売られた。国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの石油石炭製品株や、日本製鉄 <5401> 、JFE <5411> などの鉄鋼株も安い。日産自 <7201> 、トヨタ <7203> 、マツダ <7261> などの輸送用機器株や、ブリヂス <5108> 、住友ゴム <5110> などのゴム製品株も値を下げた。

 半面、任天堂 <7974> 、ミズノ <8022> などのその他製品株が堅調。ソフバンG <9984> 、カプコン <9697> などの情報通信株や、楽天 <4755> 、エムスリー <2413> などのサービス株も高い。HOYA <7741> 、東精密 <7729> などの精密株も引き締まった。

 個別では、トーセイ <8923> 、宮越HD <6620> 、オリジン <6513> 、オープンドア <3926> 、GMOクラ <3788> などの下げが目立った。半面、ティアック <6803> 、一蔵 <6186> 、キャリアL <6070> がストップ高となり、前沢工 <6489> 、巴川紙 <3878> も一時ストップ高。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、24業種が下落した。

提供:モーニングスター社

モーニングスター

関連ニュース

最終更新:7/7(火) 15:16

モーニングスター

投資信託ランキング