IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イオンモール、純損益が初の赤字=3~5月期、コロナ休業響く

7/7 20:00 配信

時事通信

 イオンモールが7日発表した2020年3~5月期の連結業績は、純損益が上場以来初となる134億円の赤字(前年同期は79億円の黒字)に転落した。新型コロナウイルスの感染拡大でショッピングモールの大部分が休業に追い込まれ、売り上げが急減。テナント料の減免など、新型コロナに伴う特別損失158億円を計上したことも響いた。
 主力の国内モール事業は一時、直営の全84施設が約1カ月にわたって営業休止。海外モール事業も中国で1月下旬から約2カ月間、最大で11施設が休業し、収益を圧迫した。21年2月期連結純損益は40億円の赤字(前期は342億円の黒字)に転落する見通しで、最終赤字は上場以来初。業績は下半期に幾分改善するとみるが、赤字は解消しないと予想する。 

時事通信

関連ニュース

最終更新:7/7(火) 22:28

時事通信

投資信託ランキング