IDでもっと便利に新規取得

ログイン

次第にドル買い強まる 素直な反応からリスク回避へ=NY為替

7/3 0:22 配信

みんかぶFX

 米雇用統計など一連のイベントを通過して、為替市場は次第にドル買いが強まっており、ユーロドルやポンドドルは戻り売りに押されている。ドル円はドル売り・円売りの中で107円台半ばで膠着している状況。

 この日発表の米雇用統計が予想以上に強い内容となったことで、発表直後の為替市場は素直にドル買いの反応が見られた。その後、米株が大幅高で始まったこともあり、動きが一巡したあとは、今度はリスク選好のドル売りが出ている。しかし、フロリダ州の新規感染者が6.4%増と伝わると、次第にリスク回避のドル買いが強まる展開となっている。米株が伸び悩んでいるほか、米国債利回りや原油も急速に伸び悩み下げに転じている。

 米雇用統計は励まされる内容となったものの、感染第2波への警戒感も根強く、市場に慎重さも見られている。

 ただ、この日の米雇用統計は予想以上に力強い内容となった。非農業部門雇用者数(NFP)は前月比480万人増加し、失業率は前月の13.3%から11.1%に改善した。前日のISM製造業景気指数も景気判断の分岐点である50を上回る強さを示し、足元の米経済指標は急速な改善を示している。

 しかし、感染第2波の拡大が加速する中で、指標の改善が今後も続くかどうかに、市場は不透明感を感じている模様。また、明日から3連休ということもあり、投資家は様子見姿勢になっている面も否めない。連休中に更に感染が拡大するリスクも警戒されているようだ。

USD/JPY 107.54 EUR/USD 1.1238 GBP/USD 1.2473

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

みんかぶFX

関連ニュース

最終更新:7/3(金) 0:22

みんかぶFX

投資信託ランキング