IDでもっと便利に新規取得

ログイン

雇用指標は好悪材料あり値動き限られる、ドル円は107.53円前後

7/2 21:45 配信

トレーダーズ・ウェブ

 注目度が高かった米雇用指標だが、指標発表前後の動きは限られている。
 6月の失業率、非農業部門雇用者数変化は市場予想よりも好結果だったが、前週分の米新規失業保険申請件数や前週分の失業保険継続受給者数などは、市場予想よりも悪化したものだった。
 市場では現在も新型コロナウイルスの感染が拡大していることもあり、遅行指標の失業率では明確な方向性をもってトレードするのは難しいとの声もある。
 21時43分時点でドル円は107.53円前後、ユーロドルは1.1285ドル近辺で推移している。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:7/2(木) 21:45

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング