IDでもっと便利に新規取得

ログイン

FRONTEO-続伸 認知症診断支援AIシステム商業化に向け慶応大と合意

7/1 11:08 配信

トレーダーズ・ウェブ

現在値
フロンテオ697+7

 FRONTEO<2158>が続伸。同社は1日11時、AIを用いた認知症診断支援システムの商業化に向けたライセンスについて慶應義塾大学医学部と合意したと発表した。

 本システムは、同社の自然言語解析AI「Concept Encoder(コンセプト・エンコーダー)」を利用し、患者と医師との間の5~10分程度の日常会話から、認知機能障害をスクリーニングできるシステムだという。
 
 今回、医療機器開発に向けた独占的開発権および販売権の合意によって、医療現場への早期実用化、早期市場浸透を目指すとしている。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:7/1(水) 11:09

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング