IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NASDAQ上場の米国株で、アナリストが「買い」と診断した「マイクロソフト」と「ネットフリックス」に注目!株価は最高値圏だが、さらなる高成長が続く見通し!

6/30 21:20 配信

ダイヤモンド・ザイ

 NASDAQ(ナスダック)上場の米国株の中で、アナリストが「買い」と診断したのは、日本でも知名度が高いマイクロソフト(MSFT)とネットフリックス(NFLX)の2銘柄! 

発売中のダイヤモンド・ザイ8月号では、特集「人気の【米国株】100銘柄・激辛診断」を掲載!  最近、日本の個人投資家の間で米国株の人気が上昇しているが、日本株と比べると、銘柄を選んだり、売買のタイミングを見極めたりするハードルは高そうだ。そこで、この特集では、マネックス証券において日本人の個人投資家が保有している米国株のうち、保有者数が特に多い“人気の100銘柄”をピックアップ(※2020年1月~4月末までの間で、保有者数が多かったものを選出)。それらを「NASDAQ上場銘柄」と「ニューヨーク証券取引所の上場銘柄」に分類し、アナリストなどの投資のプロに「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価してもらっている。今回は「NASDAQ上場銘柄」のうち、個人投資家からの注目度が高く、しかもアナリストの評価が「買い」の2銘柄を紹介!  米国株投資に興味がある人は、ぜひチェックを! 

●クラウド事業やSNS事業が伸びるマイクロソフトや、
予想の2倍のペースで会員を増やしたネットフリックスに注目! 
 新型コロナウイルスの影響で、米国経済は大打撃を受けているが、「コロナ禍」の最中でも成長力を高めている米国企業はある。ここでは、世界的な大企業が顔を揃えるNASDAQ上場銘柄の中でも、特に注目の2銘柄を紹介したい(※以下、注目銘柄の分析コメントは、グローバルリンクアドバイザーズの戸松信博さん、マンハッタン・グローバル・フィナンシャルの森崇さん、ザ・モトリーフール・ジャパンの加賀章弘さん。チャートはマネックス証券提供。業績データはグローバルリンクアドバイザーズ提供。株価の“高値・安値予測”は2020年6月5日から3カ月間の予測。最低購入金額は1ドル=109円で計算)。

 まずは、リモートワークの拡大によって業績を拡大しているマイクロソフト(MSFT)だ。

 マイクロソフト(MSFT)の2020年1~3月期の業績は、クラウド部門が59%増収、「オフィス365」部門が25%増収、ビジネス向けSNSのリンクトイン部門が21%増収となり、主要3部門の売上高は事前予想を上回った。また、ビデオ会議向けプラットフォームの「チームズ」に注力。AIを組み込んだ新機能で、業務ソフト「オフィス」を在宅業務の効率化をもたらすサブスクリプションサービスとして打ち出した。米国株に精通するマンハッタン・グローバル・フィナンシャルの森崇さんも、「環境の変化にすぐ対応できる、時代の寵児とも言える存在」と、さらなる成長力に太鼓判を押す。

 次に紹介するのは、動画配信サービスのネットフリックス(NFLX)だ。

 ネットフリックス(NFLX)の2020年1~3月期の純利益は、前年同期比の2.1倍と、過去最高を更新。2020年3月末までの有料会員数は、2019年12月末より1577万人も多い1億8286万人となり、純増数は同社の事前予想(700万人)の2倍以上に。潤沢な番組制作予算で質の高いオリジナル作品を制作し、アカデミー賞やゴールデングローブ賞なども受賞。3月半ばから多くの作品が撮影を中断しており、新作の数や配信スケジュールに響く可能性もあるが、劇場公開予定だったアニメ作品の権利を買い取って配信するなど、対応策も抜かりない。今後も、テレワークの浸透などにより、在宅時間が長くなる人が増えると見られ、それに伴い高成長が続く見通しだ。

 さて、ここまで米国株のNASDAQ市場に上場する、注目の成長株を2銘柄紹介してきた。ダイヤモンド・ザイ8月号では、

●不透明な相場環境で取るべき行動や注目すべき銘柄とは? 
ダイヤモンド・ザイ8月号をチェック! 
 発売中のダイヤモンド・ザイ8月号の大特集は「損を減らす!  下落で儲ける!  急落で勝てる【38のワザ】」。新型コロナウイルスの影響で、世界的に株価の動きが読みづらい相場が続いており、再び急落して二番底をつける懸念も根強い。そこで、この大特集では、急落時こそ守るべき“投資の基本”や、トレンドを見極めるためのチャートの読み方、損失を小さくする投資手法などをピックアップ。「コロナ・ショック」の暴落で思うように行動できなかった人は必見だ! 

 ほかにも、新型コロナウイルスの影響で状況が一変した「上場全3772銘柄の最新【理論株価】」や、「人気の株500+Jリート14激辛診断【2020年・夏】」「成功サラリーマンに聞く【投資信託積立】Q&A」「甘いシニア婚の甘くない現実」「自腹でガチンコ投資! 【AKB48】株ガチバトル」など、読みごたえのある特集を多数掲載! 

 さらに、別冊付録で「もしもの時にも役に立つ! 【ふるさと納税】2020」が付いてくる!  この別冊付録では、「ふるさと納税」の形で支援できる新型コロナウイルスの対策プロジェクトを紹介するほか、台風シーズンを前に注目したい、「防災グッズ」の返礼品を用意する自治体を掲載。さらに、5000円以下の寄付でもらえる、おすすめの少額返礼品も取り上げているので、今年もそろそろ「ふるさと納税」を始めようと考えている人にぴったりだ。

ダイヤモンド・ザイ

関連ニュース

最終更新:6/30(火) 21:20

ダイヤモンド・ザイ

投資信託ランキング