IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ禍でもアナリストが太鼓判を押す優良株10銘柄を紹介!「今期の予想で“増収率”が高い株」と「少額で買える優良株」の2つのランキングの上位5銘柄を大公開!

6/23 21:20 配信

ダイヤモンド・ザイ

 「今期の“増収率”が高い株」と「少額で買える優良株」ランキングの上位5位、全10銘柄を大公開! 

 発売中のダイヤモンド・ザイ8月号は、恒例の特集「人気の株500+Jリート14激辛診断【2020年・夏】」を掲載!  日本株で注目度の高い人気500銘柄とJリートを、アナリストなどの投資のプロが「買い」「強気」「中立」「弱気」「売り」の5段階で評価している。さらに、「強気」「買い」という高評価な銘柄を対象に「今期の会社予想で“増収率”が高い株」「ザイ独自予想が強気な株」「配当利回りが高い株」「初心者必見の少額で買える株」「理論株価よりも割安な株」という5つのランキングを作成して掲載している。

今回は特集の中から「今期の会社予想で“増収率”が高い株」と「初心者必見の少額で買える株」のランキングの一部を抜粋するので、投資の参考にしてほしい(※最低投資額などの数字は、2020年6月3日時点。銘柄診断は、アナリストなど19名から構成された「ダイヤモンド・ザイ人気500銘柄分析チーム」が担当)。

●「今期の会社予想で“増収率”が高い株」のベスト5を発表! 
IoT関連や通信インフラ関連など、時流に乗った企業が上位に
 新型コロナウイルスの影響はどこまで長引くのか、現時点では不透明な点がまだ多い。このため、2020年1~3月に本決算を終えたばかりの企業は、前期の決算内容を開示する際、通常なら同時に公表する今期計画を、未公表にするところが多かった。

 そんな中でも、きちんと今期の業績予想を表明し、しかも増収を見込んでいる企業もある。ダイヤモンド・ザイはそんな企業に注目し、予想増収率が高い順にランキングを作成した。上位の顔ぶれを見ると、IoT関連のACCESS(4813)や、通信インフラのJTOWER(4485)など、話題のテーマに関連する企業が並んだ。オンライン英会話を手掛けるレアジョブ(6096)は増収増益予想で、アナリストの評価は唯一の「買い」となっているため、注目してみるといいだろう。

 ◆「今期の会社予想で“増収率”が高い株」ランキング・ベスト5

 
 売上高伸び率
 最低投資額(6/3)
 投資判断
 最新の株価
1位
 ◆ACCESS(4813・東1)
 38.0%
 10万円
強気

 2位
◆JTOWER(4485・マザ)
 32.2%
 50万円
強気

 3位
 ◆弁護士ドットコム(6027・マザ)
 25.8%
 93万円
強気

 4位
 ◆グレイステクノロジー(6541・東1)
 20.9%
 44万円
強気

 5位
◆レアジョブ(6096・マザ)
 17.5%
 23万円
強気

 ※1~3月期決算の企業が対象。

●「初心者必見の少額で買える株」のベスト5を発表! 
上位5銘柄は2万~3万円台なので分散投資をするのも手! 
 続いては、初心者でも買いやすい「少額で買える株」のランキングだ。株価が安い銘柄は、業績が悪いなど、不安要素を抱えたものも多いが、ここに登場する銘柄は、アナリストが「強気」と評価しているので安心だ。

 1位のJPホールディングス(2749)は、保育園などを展開する会社。2位のいちご(2337)は不動産、3位のシェアリングテクノロジー(3989)は住まいのトラブル施工のマッチングサイト運営など、業種はバラバラ。少額の予算で業種の分散ができるので、複数銘柄に分散投資をするのもおすすめだ。

 ◆「初心者必見の少額で買える株」ランキング・ベスト5

 
 最低投資額(6/3)
 投資判断
 最新の株価
1位
 ◆JPホールディングス(2749・東1)
 2万8800円
強気

 2位
◆いちご(2337・東1)
 3万800円
強気

 3位
 ◆シェアリングテクノロジー(3989・マザ)
 3万1300円
強気

 4位
 ◆ソースネクスト(4344・東1)
 3万2700円
強気

 5位
◆りそなホールディングス(8308・東1)
 3万8360円
強気

 ※最低投資額は2020年6月3日時点。

 なお、ダイヤモンド・ザイ8月号では、今回紹介した「今期の会社予想で“増収率”が高い株」と「初心者必見の少額で買える株」のランキングを15位まで紹介している。そのほか、「ザイ独自予想が強気な株」「配当利回りが高い株」「理論株価よりも割安な株」のランキングも掲載しているので、ぜひ誌面でランキングの全貌をチェックしてほしい! 

●不透明な相場環境で取るべき行動や注目すべき銘柄とは? 
ダイヤモンド・ザイ8月号をチェック! 
 発売中のダイヤモンド・ザイ8月号の大特集は「損を減らす!  下落で儲ける!  急落で勝てる【38のワザ】」。新型コロナウイルスの影響で、世界的に株価の動きが読みづらい相場が続いており、再び急落して二番底をつける懸念も根強い。そこで、この大特集では、急落時こそ守るべき“投資の基本”や、トレンドを見極めるためのチャートの読み方、損失を小さくする投資手法などをピックアップ。「コロナ・ショック」の暴落で思うように行動できなかった人は、ぜひチェックを。

 ほかにも、新型コロナウイルスの影響で状況が一変した「上場全3772銘柄の最新【理論株価】」や、「人気の米国株100激辛診断」「成功サラリーマンに聞く【投資信託積立】Q&A」「甘いシニア婚の甘くない現実」「自腹でガチンコ投資! 【AKB48】株ガチバトル」など、読みごたえのある特集を多数掲載! 

 さらに、別冊付録で「もしもの時にも役に立つ! 【ふるさと納税】2020」が付いてくる!  この別冊付録では、「ふるさと納税」の形で支援できる新型コロナウイルスの対策プロジェクトを紹介するほか、台風シーズンを前に注目したい、「防災グッズ」の返礼品を用意する自治体を掲載。さらに、5000円以下の寄付でもらえる、おすすめの少額返礼品も取り上げているので、今年もそろそろ「ふるさと納税」を始めようと考えている人なら必見だ! 

ダイヤモンド・ザイ

関連ニュース

最終更新:6/24(水) 21:01

ダイヤモンド・ザイ

投資信託ランキング