IDでもっと便利に新規取得

ログイン

たった5年で「任天堂の看板作」に…『スプラトゥーン』スゴさの正体

6/7 17:00 配信

マネー現代

マイナージャンルでの異例のヒット

(文 渡邉 卓也) 任天堂が展開している『スプラトゥーン』シリーズは、2020年5月28日で発売から5周年を迎えた。いまやこのシリーズは任天堂の代表作ともいえるタイトルになっており、Nintendo Switchでは続編の『スプラトゥーン2』も発売され、こちらは世界累計1000万本を突破している人気作だ。

 『スプラトゥーン』シリーズは、人間のようなイカたちがインクを塗り合って戦う対戦アクションゲーム。「任天堂のゲームなら流行ってもおかしくないのでは?」と思うかもしれないが、実を言うとこのゲームが流行したのは驚くべきことなのである。

 『スプラトゥーン』シリーズのようなゲームは、「TPS(Third Person Shooter、三人称視点シューティング)」とも呼ばれる。これは名前のとおり、三人称視点でキャラクターを見つつ、銃を撃つようなゲームのジャンルだ。また、類似ジャンルとして主人公の視点になって遊ぶ「FPS(First Person Shooter、一人称視点シューティング)」も存在する。

 FPSやTPS、つまり銃で相手を撃つゲームは欧米などで特に人気のジャンルで、人気作品も多数存在している。ただし、『スプラトゥーン』がWii Uで発売された2015年頃は、銃で相手を撃つゲームが日本人の間で大きく流行しているかというと微妙なところだった(一部の層から一定の人気はあったが)。

 そして、FPS・TPSの人気を見て同ジャンルのゲームを制作する国内メーカーもあったものの、結果は残念ながらいまひとつで終わってしまうものがほとんど。にも関わらず、『スプラトゥーン』はそれを成功させたのだ。

 はたして、任天堂はその難題をどうやって成功させたのか。その答えは、このジャンルを「銃で相手を殺すゲーム」ではなく、「水鉄砲のような銃でインクを撃って、周囲を汚しまくるゲーム」と捉えたことにある。

「銃で撃つ」をカジュアルに解釈

 前述のように、『スプラトゥーン』シリーズに登場するキャラクターは人型のイカである(2ではタコも登場)。彼らはスミを吐くかのように、水鉄砲のような道具を使って周囲をインクで塗りまくる。ついでに敵にインクを当てれば倒すこともできるのだ。ルール的には通常のTPSに準じているが、「銃で殺す」よりも圧倒的にキャッチーな見せ方になっている。

 また、この「インクを塗る」という要素を非常にうまく活かしている。本作の基本ルールは「ナワバリバトル」。4人対4人で戦い、より多く地面にインクを塗ったほうが勝ちとなる。インクが多く塗れているほうが有利なので状況がひと目でわかるし、地面のインクが激しく塗り替わっている部分が戦いの場所だとすぐ理解できる。相手を倒すのが苦手な人も、塗りでチームに貢献できるわけだ。

 イカはインクのなかに潜ることもできる。潜ればインク残量が回復できる(銃の弾をリロードするのと同等の行為になる)し、隠れて移動する行為にも繋がる。「インクの塗り合い」というコンセプトを軸にし、TPSに必要な要素をうまく再解釈しているのだ。

 さらに、「AIM(エイム)」と呼ばれる銃の狙いをつける行為も扱いやすくした。本来、相手を狙う技術は練習がかなり必要で、従来の操作だとかなり難しい。しかし『スプラトゥーン』シリーズでは、ジャイロ操作を採用。コントローラーを実際に上下左右に動かすことで照準が動くので直感的で、家庭用ゲーム機のコントローラーではFPS・TPSを遊ぶのが難しいという問題も解決した。

 重くていかにも恐ろしげな銃をガチャガチャいじって相手を殺すのではなく、インクをめちゃくちゃに塗りたくってみんなでワイワイと楽しむ。一方で、インクで街を汚すというちょっといけないような雰囲気は楽しめるという、カジュアルでみんなが楽しみやすい落とし所を任天堂は見つけたのである。

ゲームの外にも世界観を広げて

 とはいえ、見た目をカジュアルにしただけでは底の浅いゲームになってしまい、一過性の流行で終わってしまうだろう。『スプラトゥーン』シリーズはそこも抜かりない。

 この作品は見た目こそカジュアルだが、対戦ゲームとして本気の作りだ。基本的に対戦ゲームは参加人数が多ければ多いほど遊びやすくなるが、『スプラトゥーン』シリーズは4対4が基本。カジュアル層にウケているバトルロイヤル系ゲームは100人くらい一度に参加することを考えると、1チーム4人ではチームワークもより重要になってくるし、ひとりの責任も大きく競技らしさが強い。

 実際、「スプラトゥーン甲子園」といった公式大会が毎年行われているほか、NPB(日本野球機構)による『スプラトゥーン』のeスポーツシリーズも開催されていた。『スプラトゥーン』シリーズは気軽に遊び始めた人も本気でハマれるし、もともとこの手の対戦ゲームが好きな人にも受け入れられているのである。

 また、このシリーズはIPとしてもかなりの人気を誇る。渋谷パルコ内の「Nintendo TOKYO」では『スーパーマリオ』や『どうぶつの森』と同じように『スプラトゥーン』が大きなコーナーを構えているのもその証拠。作中のファッションをベースにした衣類のほか、キャラクターグッズもたくさん展開されている。

 このほかにも作中アイドルのライブイベントが行われたり、『月刊コロコロコミック』ではコミカライズ作品も連載中。ただの対戦ゲームではなく、イカたちが暮らす独特の世界観も魅力のひとつとして受け入れられている。

 シリーズの魅力は多岐にわたり、それこそ子供から大人まで男女問わずに人気なのが『スプラトゥーン』シリーズだ。人気ジャンルの再解釈といえば単純そうに見えるが、それは容易なことではない。ゲーム業界も任天堂がこのジャンルで成功するとは予想だにしなかったのではないだろうか。

「次回作」が大きな勝負に

 シリーズ最新作は、Nintendo Switchで2017年7月に発売された『スプラトゥーン2』。新モードとして「サーモンラン」が追加された。これは「どうしても対戦があまり得意でない」という人にも向いている協力プレイモードで、プレイヤー4人でたくさん襲いかかってくるシャケを倒すというものだ。

 対戦以外のモードが追加されたことによってより多くの人が遊べるようになったし、サーモンランをプレイすると対戦で使えるアイテムも手に入るという仕組みになっており、さらに多くのプレイヤーを獲得することに成功。ゲームバランスも見直され、より競技としての磨きがかかった。

 『スプラトゥーン』シリーズは従来と同じく買い切り方式のゲームなのだが、その後に無料アップデートが行われるサービス提供型ゲームの性質も併せ持っている。ただ、『スプラトゥーン2』はすでにアップデートが終了しており、ゲームとしては終盤の状態だ。つまり、ユーザーからはさらなる続編が待ち望まれているわけである。

 とはいえ、続編には課題もある。シリーズ3作目となれば大きな転換点ともなりうる場面だし、そもそも『スプラトゥーン2』は前作の問題点を改善するという意味合いが強かった。よって次は、ユーザーが新鮮に感じられるまったく新しい要素が求められているだろう。

 なお、初代『スプラトゥーン』発売当初と業界の状況も異なっている。現在はバトルロイヤル系の対戦FPS・TPSが流行しており、『フォートナイト』などは国内でもかなりの人気だ。『スプラトゥーン』シリーズはバトルロイヤル系と差別化できているが、カジュアル層を取り込むという意味ではライバルと見てもいいだろう。

 『スプラトゥーン』シリーズは次回作でさらなる進歩が求められており、カジュアルな層にも対戦ゲームをしっかり遊びたい層にもうまくアピールを行わねばならないという課題がある。しかしそれに成功すれば、任天堂の代表作としての存在感がさらに増すだろう。

マネー現代

関連ニュース

最終更新:6/8(月) 8:30

マネー現代

投資信託ランキング