IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NY株式:米国株は大幅反発、5月雇用統計で速やかな回復期待高まる

6/6 8:45 配信

フィスコ

米国株式相場は大幅反発。ダウ平均は829.16ドル高の27110.98ドル、ナスダックは198.27ポイント高の9814.08ポイントで取引を終了した。5月の雇用統計で予想以上に速い雇用の回復が示されたためV字型回復期待が高まり、投資家心理の改善で買いが先行した。トランプ大統領が会見で、給与税減税など一段の刺激策を要請していく方針を示すと上げ幅を拡大し、終日堅調推移となった。セクター別では、エネルギー、自動車・自動車部品が大幅上昇した一方、食・生活必需品小売りの上昇は小幅にとどまった。

老舗宝石店のティファニー(TIF)は買収で合意しているフランスのLVMHが、買収価格の再交渉は行わずに予定通り買収手続きを進める方針を示したことが好感され上昇。住宅メーカーのトールブラザーズ(TOL)はアナリストによる投資判断引き上げが好感され上昇した。ウーバー(UBER)と合併交渉が続いている料理宅配のグラブハブ(GRUB)は、欧州の同業社ドイツのデリバリーヒーローや英国のジャストイートも買収に興味を示していると報じられ急伸。一方で、今まで外出自粛の恩恵を受けてきたフィットネス事業を展開するペロトン(PTN)やビデオ会議サービスのズームビデオ(ZM)は軒並み下落した。

ナスダック総合指数は日中、過去最高値を更新したものの終値ベースでは僅かに2月の高値を下回った。


(Horiko Capital Management LLC)

《YN》

フィスコ

最終更新:6/6(土) 8:45

フィスコ

投資信託ランキング