IDでもっと便利に新規取得

ログイン

エレコム(6750)、11期連続となる「増配」を発表し、配当額は11年で8.8倍に急増! 2021年3月期は前期比5円増の「1株あたり66円」で、配当利回り1.3%に!

6/6 22:05 配信

ダイヤモンド・ザイ

 エレコムは、2021年3月期の配当を前期比で「増配」とする予想を、2020年6月5日の15時30分に発表した。これにより、エレコムの配当利回り(予想)は1.33%となり、「連続増配期間」は"10期"から"11期"に更新される見通しとなった。

 エレコムが発表した2021年3月期の配当予想によると、2021年3月期の予想配当は中間配当(9月)が「33円」、期末配当(3月)が「33円」、合計の年間配当額は「1株あたり66円」となっている。

 エレコムの2020年3月期の配当は「1株あたり61円」だったので、前期比で「5円」の増配となる。今回の増配発表によって、エレコムの配当利回り(予想)は1.33%となった。

 エレコムはこれまで2021年3月期の業績予想と配当予想を「未定」としていたが、「政府により緊急事態宣言が解除されたことや、2020年4月~5月の売上高の実績から、新型コロナウイルス感染症の感染拡大による影響はエレコムグループにおいて限定的」と判断したことにより、業績予想と配当予想を公表したとのこと。

 なお、エレコムの2021年3月期の業績予想は、「テレワーク需要の拡大および政府による『1人1台端末』の早期実現を目的とした『GIGAスクール構想』が今年度補正予算案に計上され、その需要拡大が見込まれること」により、「増収増益」の予想となっている。

●エレコムの過去12期の配当の推移は? 
 ■エレコム(6750)の過去12期の配当の推移

 期
 年間配当額
 
 期
 年間配当額
 2010/3
 7.5円
 2016/3
 40円

 2011/3
 10円
 2017/3
 45円

 2012/3
 15円
 2018/3
 50円

 2013/3
 17.5円
 2019/3
 56円

 2014/3
 20円
 2020/3
 61円

 2015/3
 30円
 2021/3
66円
(予想)

 エレコムは2011年3月期から連続増配を継続している。そのため、2021年3月期の配当予想「1株あたり66円」が予想通りに実施されれば、”11期連続増配”を達成することになる。

 また、エレコムの配当額の伸び具合にも注目しておきたい。連続増配が始まる直前の2010年3月期から2021年3月期までの11年間で、エレコムの年間配当額は「1株あたり7.5円」から「1株あたり66円」まで、8.8倍に増加している。

 配当が増えているということは業績が好調な証拠でもある。実際に、エレコムの株価は東証1部に上場した2013年3月の終値687円から本日(2020年6月5日)の終値4940円まで、7.1倍に上昇している。なお、エレコムの株価は「コロナ・ショック」で一時的に下落したものの、2020年5月29日には上場来高値である5180円を記録している。

 ■エレコム(6750)の株価チャート/月足・2013年3月~本日(2020年6月5日)

●エレコムの配当利回り、配当+株主優待利回りは? 
 エレコムの2020年6月5日時点の株価(終値)は4940円なので、配当利回り(予想)は以下のようになる。

【※エレコムの配当利回り】
株価:4940円
年間配当額:中間33円+期末33円=66円
配当利回り=66円÷4940円×100=1.33%

エレコムの配当利回りは1.33%。2020年5月の東証1部の平均利回りは2.14%(配当実施企業のみ)なので、エレコムの配当利回りは「やや低め」と言える。

 また、エレコムは保有株式数に応じて「QUOカード」や「自社製品」が貰える株主優待を実施している。

■エレコム(6750)の株主優待の内容

基準日
保有株式数
株主優待内容
3月末・9月末
100株
以上 ◆QUOカード:1000円分×年2回=2000円分

◆自社製品:2000円相当
1000株
以上 ◆QUOカード:1000円分×年2回=2000円分

◆自社製品:5000円相当

 エレコムの2020年6月5日時点の株価(終値)は4940円、配当利回りは1.33%なので「配当+株主優待利回り」を計算すると、以下のようになる。

【※エレコムの配当+株主優待利回り(100株保有時)】
投資金額:100株×4940円=49万4000円
優待品(QUOカード):2000円分
優待品(自社製品):2000円相当
株主優待利回り=(2000円+2000円)÷49万4000円×100=0.81%
配当+株主優待利回り=1.33%+0.81%=2.14%

【※エレコムの配当+株主優待利回り(1000株保有時)】
投資金額:1000株×4940円=494万円
優待品(QUOカード):2000円分
優待品(自社製品):5000円相当
株主優待利回り=(2000円+5000円)÷494万円×100=0.14%
配当+株主優待利回り=1.33%+0.14%=1.47%

 エレコムの「配当+株主優待利回り」は100株保有時で2.14%。決して高い利回りとは言えないが、2018年12月~2020年5月の1年半で株価が約2倍に上昇していることも利回りが低下している要因の一つ。2021年3月期で”11期連続増配”を達成する見込みでもあるので、今回の増配を機に長期保有を検討する価値は十分にありそうだ。

 エレコムは、ネットワーク関連製品やパソコン周辺機器などを開発・製造・販売している大手メーカー。スマートフォン・タブレット関連の製品も扱う。2021年3月期(通期)の連結業績予想は、売上高4.1%増、営業利益4.8%増、経常利益4.4%増、親会社株主に帰属する当期純利益1.8%増と堅調(すべて前期比)。

■エレコム

 業種
 コード
 市場
年間配当額(予想)
 電気機器
 6750
 東証1部
 66円
株価(終値)
 単元株数
 最低投資金額
配当利回り(予想)
 4940円
 100株
 49万4000円
 1.33%
 【※エレコムの最新の株価・配当利回りはこちら! 】

 ※株価などのデータは2020年6月5日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。 

ダイヤモンド・ザイ

関連ニュース

最終更新:6/6(土) 22:05

ダイヤモンド・ザイ

投資信託ランキング