IDでもっと便利に新規取得

ログイン

〔ロンドン株式〕大幅反発(5日)

6/6 1:21 配信

時事通信

 【ロンドン時事】週末5日のロンドン株式市場は大幅反発し、英FT100種平均株価指数(FTSE100)は前日終値比142.86ポイント(2.25%)高の6484.30で終了した。
 米雇用統計の堅調な内容を受け、世界経済の回復期待から投資家のリスク選好姿勢が強まった。英国と欧州連合(EU)の貿易交渉が停滞し、年末を期限とする移行期間の延長観測が広がったことも相場を下支えした。
 指数構成銘柄全体の約8割が上昇した。観光関連株がけん引したほか、金融株や資源株の伸びも目立った。
 主な個別銘柄では、クルーズ船運営の旅行大手カーニバルが20%高の急伸。航空大手インターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)も14%の大幅高となった。金融大手HSBCホールディングス(5.9%高)、同バークレイズ(6.3%高)など銀行株が堅調で、石油大手BP(7.7%高)、資源大手グレンコア(7%高)など景気に敏感な資源株も締まった。
 半面、金相場の急落を背景に、産金・産銀大手ポリメタル・インターナショナル(5.5%安)や同業のフレスニーヨ(5.2%安)が下落率上位を占めた。(了)

時事通信

関連ニュース

最終更新:6/6(土) 2:26

時事通信

投資信託ランキング