IDでもっと便利に新規取得

ログイン

サイクル崩れ、膠着した相場が米ドル安へ動き始めた! 対米ドルで資源国通貨買い

6/2 14:01 配信

ザイFX!

■香港国家安全法を採択も、米国の姿勢に安堵感
 5月28日(木)に、中国全人代(全国人民代表大会)で、香港国家安全法の制定方針が採択されたと報じられました。

 これにより、米中の対立が激しくなるとの警戒感が出たこと、さらに、5月29日(金)の深夜に、トランプ大統領による対中制裁に関する会見が予定されていたこともあり、株式市場は上値の重い展開となりました。

 市場参加者の中では、米中の追加関税第1段階の合意が破棄される可能性も予想されていましたが、実際には、香港の優遇措置撤廃、WHO(世界保健機関)からの脱退などが表明されました。

 市場参加者が予想していたほどの強硬姿勢は示されず、安堵感からリスク選好の動きとなりました。

■金融緩和・財政出動による過剰流動性相場が継続
 米国では、人種差別への抗議デモの暴徒化もあり、リスク回避の材料には事欠きませんが、各国の中銀による金融緩和、政府による財政出動での過剰流動性相場が継続しています。

 そして、ロックダウン(都市封鎖)の解除による経済の再始動もあって、株式市場はリスク回避で下がったところは買われ、堅調な推移が続いています。

 6月1日(月)にも、中国が米国産の一部の農作物の輸入を停止するということが関係者の話として報じられましたが、このときも下げは限定的で、リスク選好の推移が継続しています。

■リスク選好で資源国通貨が堅調
 為替市場では、リスク回避のときは資源国通貨が売られ、米ドルが買われますが、リスク選好のときは資源国通貨が買われ、米ドルが売られます。

 そのため、豪ドル/米ドルは安値を切り上げ、高値も切り上げる堅調な推移が続いています。

 また、米ドル/カナダドルも、これまで1.3850カナダドルがサポートされていましたが、これをブレイクし、米ドル安に推移しています。

■サイクル崩れ、膠着した相場が動き出した! 
 今年(2020年)は、2月から3月にかけては、コロナ相場で激しく動いていましたが、その反動もあり、4月から5月にかけては膠着した相場が続いていました。

 ドルインディックスも、約10日間ごとに、米ドルが強くなったり、弱くなったりのサイクルを繰り返し、膠着した相場展開が続いていました。

 タイミングとしては、5月末まで米ドルが強くなりやすい状況でしたが、先週(5月25日~)、このサイクルが崩れたことで、膠着した相場も動き出してきました。

■株式市場が堅調な間は、米ドル安に推移しやすい
 コロナ相場が終われば、FRB(米連邦準備制度理事会)の金融政策などの影響で、中期的には米ドル安になるのではないかと考えていましたが、膠着した相場が米ドル安へ動き始めたのではないかと思います。

 株式市場で堅調な状態が続く間は、為替市場は米ドル安に推移しやすいものと思います。

 リスク回避の材料は多いですが、株式市場では、リスク回避で下がったところは買われていることから、豪ドル/米ドル、NZドル/米ドル、米ドル/カナダドルは、まだ米ドル安へ推移しやすいのではないかと考えています。

■資源国通貨は対円でも堅調か
 対米ドルで資源国通貨を買うことを考えていますが、対円でも、NZドル/円やカナダドル/円は、3月の高値を超えてきただけでなく、レジスタンスとなっていた昨年(2019年)8月の安値も超えてきました。資源国通貨は、対円でも対米ドルでも堅調に推移するのではないかと考えています。

 為替市場は、株式市場ほど強く方向性が出てこないと思いますが、まだしばらくは、リスク選好での動きを想定して良いのではないかと思います。

ザイFX!

関連ニュース

最終更新:6/2(火) 14:01

ザイFX!

投資信託ランキング