IDでもっと便利に新規取得

ログイン

テクマトリックス(3762)、株主優待を拡充して、優待利回り2倍に! 500株で0.17%、1000株で0.23%と優待利回りは低いが、業績&株価も好調で魅力アップ

6/2 0:05 配信

ダイヤモンド・ザイ

 テクマトリックス株式会社が、株式分割を実質拡充することを、2020年6月1日の15時30分に発表した。

 テクマトリックスの株主優待は、毎年9月末時点の株主を対象に実施されており、内容は「500株以上1000株未満を保有する株主に1500円相当のグルメ商品を贈呈。1000株以上保有する株主に4000円相当のグルメ商品を贈呈(いずれも5品の中から1品を選択)」というもの。

 テクマトリックスは6月30日を基準日として、1株⇒2株の株式分割を予定しているが、分割後も株主優待の配布基準は変更されないため、分割後は必要投資額がこれまでの半額になり、株主優待利回りは2倍にアップすることになる。
【※関連記事はこちら! 】
⇒「株価が急落しにくい株主優待株ランキング」ベスト3を発表!  買物割引券がもらえるニトリHD、18期連続増配のKDDI、食事券が人気の日本マクドナルドに注目

 なお、株主優待のグルメ商品のラインナップは毎年変更されているが、この実質拡充の発表と同時に、2020年9月末の株主優待の内容も発表され、以下のようになっている。

【500株以上1000株未満を保有する株主への優待品】※以下より1つ選択・すべて1500円相当
(1)北海道 鮭三昧
(2)横浜本牧亭ビーフカレー中辛
(3)お茶漬け・有明海産味付海苔詰合せ「和の宴」
(4)讃岐うどん
(5)<豆和菓>豆菓子・お茶詰合せ

【1000株以上保有する株主への優待品】※以下より1つ選択・すべて4000円相当
(1)松坂牛すき焼き用
(2)伊藤ハム ハム詰合せ
(3)いくら醤油漬け
(4)手延三輪素麺二年物
(5)京都北川半兵衛お抹茶アイスセット

●テクマトリックスの株主優待制度の詳細
  ◆テクマトリックスの株主優待制度の詳細

  基準日
  保有株式数
  株主優待内容
2020年
9月末
500株以上
1000株未満
1500円相当の優待商品(以下から1種類選択)
(1)北海道 鮭三昧
(2)横浜本牧亭ビーフカレー中辛
(3)お茶漬け・有明海産味付海苔詰合せ「和の宴」
(4)讃岐うどん
(5)<豆和菓>豆菓子・お茶詰合せ
1000株以上
4000円相当の優待商品(以下から1種類選択)
(1)松坂牛すき焼き用
(2)伊藤ハム ハム詰合せ
(3)いくら醤油漬け
(4)手延三輪素麺二年物
(5)京都北川半兵衛お抹茶アイスセット
備考
  ※「公益財団法人 日本ユニセフ協会」「一般財団法人あしなが育英金」への寄付も選べる。

●テクマトリックスの株主優待利回りは? 
 テクマトリックスの2020年6月1日の株価(終値)は3420円なので、株主優待利回りを計算すると、以下のようになる。

【1株⇒2株の株式分割前】
(500株保有の場合)
投資金額:500株×3420円=171万円
優待品:グルメ優待品1500円相当
優待利回り=1500円÷171万円×100=0.08%

(1000株保有の場合)
投資金額:1000株×3420円=342万円
優待品:グルメ優待品4000円相当
優待利回り=4000円÷342万円×100=0.11%

【1株⇒2株の株式分割後】
(500株保有の場合)
投資金額:500株×(3420÷2株=1710円)=85万5000円
優待品:グルメ優待品1500円相当
優待利回り=1500円÷85万5000円×100=0.17%

(1000株保有の場合)
投資金額:1000株×(3420÷2株=1710円)=171万円
優待品:グルメ優待品4000円相当
優待利回り=4000円÷171万円×100=0.23%

 テクマトリックスの株主優待は、日本各地の名産品などのグルメが楽しめる食品系の株主優待。5種類の中から選べるので、自分の好みのものが選べる点も魅力的だ。今回、1株⇒2株の株式分割後も株主優待の配布基準が据え置かれることになり、必要投資額は半額になって株主優待利回りは2倍にアップすることになった。ただし、株主優待利回りは2倍になっても500株保有時で0.17%と低く、しかも同社の株価は3420円なので、分割後の500株でも最低投資額は85万5000円と、株主優待を目的に投資するにはハードルが高そうだ。なお、本日(6月1日)のSBI証券の夜間取引(PTS取引)では一時、終値(3420円)より440円も高い3860円(+12.87%)を記録している。
【※関連記事はこちら! 】
⇒優待名人・桐谷さんがおすすめの「5万円以下の高利回り優待株」2銘柄! “おこめ券”のタカラレーベン、“QUOカード”のグローセルは、配当+優待利回りが4%超! 

 テクマトリックスは、ネットワークセキュリティ関連事業、ECサイトの構築・運営などのインターネットサービス事業、自動車や家電製品に組み込まれているソフトウェアの安全・安心支援事業、クラウドを使った医療情報の管理、同じくクラウドを使ったコールセンターの情報管理などを行うITサービス企業。5月11日に発表した2020年3月期(通期)の連結業績は、売上高285億5300万円(前期比12.3%増)、営業利益30億2800万円(前期比25.2%増)、経常利益30億1800万円(前期比28.3%増)、当期純利益18億6300万円(前期比26.7%増)と絶好調だった。2021年3月期の連結業績予想は、新型コロナウイルスの影響により、未定としている。

 ■テクマトリックス

 業種
 コード
 市場
 権利確定月
 情報・通信業
 3762
 東証1部
 9月末
株価(終値)
 必要株数
 最低投資金額
 配当利回り
 3420円
 500株
 171万円
 ー
 【テクマトリックスの最新の株価・株主優待の詳細はこちら! 】

 ※株価などのデータは2020年6月1日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。
※「必要株数」は株主優待の獲得に必要な株数、「最低投資金額」は株主優待の獲得に最低限必要な資金を指します。

ダイヤモンド・ザイ

関連ニュース

最終更新:6/2(火) 0:05

ダイヤモンド・ザイ

投資信託ランキング