IDでもっと便利に新規取得

ログイン

FCホールディングス、配当予想を修正(増配)して、配当利回り2.78%にアップ! 3期連続「増配」となる2020年6月期は前期比0.5円増の「1株あたり25円」に

6/1 22:05 配信

ダイヤモンド・ザイ

 FCホールディングスは、2020年6月期の配当予想を修正して、前期比で「増配」とする予想を、2020年6月1日の12時に発表した。これにより、FCホールディングスの配当利回り(予想)は2.78%にアップし、「連続増配期間」は"2期"から"3期"に更新される見通しとなった。

 FCホールディングスは、2020年6月期の予想配当を「1株当たり20円」⇒「1株あたり25円」に修正すると発表した。これにより、FCホールディングスの配当利回り(予想)は2.78%にアップすることとなった。なお、FCホールディングスは期末配当による年1回の配当を基本方針としており、中間配当は実施していない。

 また、FCホールディングスの2019年6月期の配当は「1株あたり24.5円(分割調整後)」だったので、前期比で「0.5円」の増配となり、3期連続の増配となる見込み。

 FCホールディングスが予想配当を修正(増配)した理由は「当期業績のほか、配当性向、配当利回り、および長期金利の動向などを考慮」した結果とのこと。2020年6月期の業績予想は「増収増益」としており、堅調な経営状況がうかがえる。

 なお、新型コロナウイルスの影響に関しては、2020年5月7日に発表した「2020年6月期 第3四半期決算短信」によると、「当期売上高・損益などに与える影響は、現在のところ軽微」とのこと。ただし、「受注高に関しては、今後の新型コロナウイルスの感染拡大への官公庁の対応如何によるが、発注の遅れもあり若干の減少が懸念される」ともしており、特に2021年6月期については、今後の状況によっては減配や配当利回りが低下するリスクもあるので注意しておこう。

 ちなみに、FCホールディングスは本日(2020年6月1日)、「配当予想の修正(増配)」とともに「株式分割」も発表している。そして、これらは本日12時に開示されたため、後場に株価は急騰し、前日の終値830円より67円も高い897円(+8.07%)で引けている。

●FCホールディングスの過去4期の配当の推移は? 
■FCホールディングスの年間配当額の推移

 
 2017年6月期
 2018年6月期
 2019年6月期
 2020年6月期
 配当額
(年)
 20.9円
 22.7円
 24.5円
25円
(予想)

 FCホールディングスは2017年1月に上場して以来、連続増配を継続している。そのため、2020年6月期の配当予想「1株あたり25円」が予想通りに実施されれば、”3期連続増配”を達成することになる。

 なお、連続傾向が始まる直前の2017年6月期から2020年6月期までの3年間で、FCホールディングスの年間配当額は「1株あたり20.9円」から「1株あたり25円」まで、1.19倍に増加している。

●FCホールディングスの配当利回り、配当+株主優待利回りは? 
 FCホールディングスの2020年6月1日時点の株価(終値)は897円なので、配当利回り(予想)は以下のようになる。

【※FCホールディングスの配当利回り】
株価:897円
年間配当額:25円
配当利回り=25円÷897円×100=2.78%

FCホールディングスの配当利回りは2.78%。2020年5月の東証1部の平均利回りは2.14%(配当実施企業のみ)なので、FCホールディングスの配当利回りは「やや高め」と言えるだろう。

 また、FCホールディングスは保有株式数と継続保有期間に応じて「QUOカード」が貰える株主優待を実施している。

 ■FCホールディングス(6542)の株主優待の内容

  基準日
  保有株式数
  保有期間
  株主優待内容
  6月末
1000株以上
  3年未満
QUOカード3000円分
  3年以上
QUOカード5000円分

 FCホールディングスの2020年6月1日時点の株価(終値)は897円、配当利回りは2.78%なので「配当+株主優待利回り」を計算すると、以下のようになる。

【※FCホールディングスの配当+株主優待利回り(1000株保有時・保有期間3年未満)】
投資金額:1000株×897円=89万7000円
優待品(QUOカード):3000円分
株主優待利回り=3000円÷89万7000円×100=0.33%
配当+株主優待利回り=2.78%+0.33%=3.12%

【※FCホールディングスの配当+株主優待利回り(1000株保有時・保有期間3年以上)】
投資金額:1000株×897円=89万7000円
優待品(QUOカード):5000円分
株主優待利回り=5000円÷89万7000円×100=0.55%
配当+株主優待利回り=2.78%+0.55%=3.34%

 FCホールディングスの「配当+株主優待利回り」は、1000株を3年未満保有した場合で3.12%、1000株を3年以上保有した場合は3.34%となっている。ただし、株主優待の権利を獲得するためには10単元(2020年6月1日時点での最低投資額は89万7000円)が必要なため、ハードルはやや高そうだ。とはいえ、優待品は人気の「QUOカード」であり、3年以上の継続保有で増額されるのに加えて、FCホールディングスは上場以来、”3期連続増配”となる見込みでもあるので、長期保有を検討する価値は十分にありそうだ。

 FCホールディングスは、地域密着を掲げる建設コンサルタント会社。官公庁からの受注が中心。顧客層の多層化・他分野化・海外展開の加速を目指す。2020年6月期(通期)の連結業績予想は、売上高2.2%増、営業利益1.5%増、経常利益1.7%増、親会社株主に帰属する当期純利益0.9%増と堅調(すべて前期比)。

■FCホールディングス

 業種
 コード
 市場
年間配当額(予想)
 サービス業
 6542
 東証JASDAQ
 25円
株価(終値)
 単元株数
 最低投資金額
配当利回り(予想)
 897円
 100株
 8万9700円
 2.78%
 【※FCホールディングスの最新の株価・配当利回りはこちら! 】

 ※株価などのデータは2020年6月1日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。

ダイヤモンド・ザイ

関連ニュース

最終更新:6/1(月) 22:05

ダイヤモンド・ザイ

投資信託ランキング