IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NY株見通し-トランプ米大統領の会見を控え神経質な展開か

5/29 20:56 配信

トレーダーズ・ウェブ

 今晩のNY市場は神経質な展開か。昨日はトランプ米大統領が香港の自治を巡る中国の対応について金曜日に記者会見を開く予定と発表したことで米中関係悪化懸念から終盤に売られ、ダウ平均が3日ぶりに反落し、S&P500とナスダック総合もともに4日ぶりに反落した。週末、月末となる今晩の取引でも取引終了後に予定される大統領会見を控え対中制裁など米中関係悪化への警戒感が強まりそうだ。また、昨日の引け後にトランプ米大統領がツイッターなどのSNSの規制強化に向けた大統領令に署名したことも投資家心理の悪化要因となりそうだ。このほか、パウエルFRB議長の討議参加も予定され、発言が注目される。
 今晩の米経済指標は4月個人所得、同個人消費支出、同コアPCE価格指数など。主要な企業の決算発表はなし。(執筆:5月29日、14:00)

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:5/29(金) 20:56

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング