IDでもっと便利に新規取得

ログイン

話題株ピックアップ【昼刊】:PSS、ニコン、日産自

5/29 11:40 配信

株探ニュース

■PSS <7707>  1,647円  +300 円 (+22.3%) ストップ高   11:30現在
 プレシジョン・システム・サイエンス<7707>がストップ高で4連騰、年初来高値を更新している。28日の取引終了後、PCR全自動検査装置と一体化したPCR試薬について、厚生労働省へ保険適用のための申請を行ったと発表しており、これが好感されている。承認後の具体的な販売体制については現在計画中。なお、20年6月期業績への影響は現在精査中としている。

■三櫻工業 <6584>  851円  +117 円 (+15.9%)  11:30現在  東証1部 上昇率トップ
 三櫻工業<6584>が急伸し一時、前日比133円(18.1%)高の867円に買われている。28日の取引終了後に発表した20年3月期連結決算が、売上高1427億700万円(前の期比1.6%増)、営業利益54億5200万円(同2.6倍)、最終利益21億7700万円(前の期85億2500万円の赤字)と大幅増益となったことが好感されている。中国や米国での新規量産品の立ち上がりが寄与したことに加えて、日本国内や欧州を中心に品質ロスや固定費削減に努めたことが業績を牽引した。なお、21年3月期業績は新型コロナウイルスの影響により予想を算出することが困難と判断し未定としている。

■弁護士ドットコム <6027>  8,740円  +820 円 (+10.4%)  11:30現在
 弁護士ドットコム<6027>は寄り付き大口の買い注文が入り、切り返し態勢を明示している。クラウドサインに対する法的リスクが取り沙汰されるなか、ここ株価は調整色をみせて前日は終値ベースで9営業日ぶりに8000円大台を割り込んでいたが、目先売り一巡から見直し機運が台頭している。そうしたなか、同社は28日取引終了後、弁護士向け法律書籍の定額閲覧サービス「弁護士ドットコム LIBRARY」の提供を開始したことを発表、これが株価を強く刺激する格好となった。

■保土谷化学工業 <4112>  4,230円  +395 円 (+10.3%)  11:30現在  東証1部 上昇率6位
 保土谷化学工業<4112>が急動意、カイ気配で始まり戻り足を加速させている。同社が28日取引終了後に発表した20年3月期決算は営業利益が前の期比4%減の29億200万円となったが、有機EL材料や医薬中間体などが収益に貢献し従来予想の14億円を大幅に上回った。これをポジティブ視する形で値幅取りを狙った資金が流入した。株価は2月27日取引時間中以来約3カ月ぶりとなる4000円大台復帰を視野に捉えている。

■凸版印刷 <7911>  1,855円  +114 円 (+6.6%)  11:30現在
 凸版印刷<7911>は急伸し一時、前日比222円(12.8%)高の1963円に買われている。28日の取引終了後、集計中の20年3月期連結業績について、営業利益が570億円から660億円(前の期比44.3%増)へ、純利益が600億円から860億円(同2.1倍)へ上振れて着地したようだと発表したことが好感されている。情報コミュニケーション事業でペーパーメディアが想定以上に縮小したほか、エレクトロニクス事業でTFT液晶やフォトマスク、カラーフィルタなどが落ち込んだ影響で売上高は1兆5200億円から1兆4860億円(同1.5%増)へ下振れた。ただ、情報コミュニケーション事業でSP関連や電子書籍の拡大、教科書採択の順調に加えて、生活・産業事業で低差益受注品の見直しや原価削減の推進があり収益性が向上した。同時に、20年3月期の期末配当で20円の記念配当を実施し、40円の配当を行うと発表した。年間配当は60円(従来予想40円)となる。

■ニコン <7731>  993円  -96 円 (-8.8%)  11:30現在  東証1部 下落率2位
 28日に決算を発表。「前期税引き前は87%減益も上振れ着地・1-3月期(4Q)税引き前は赤字転落、今期業績は非開示」が嫌気された。
 ニコン <7731> が5月28日大引け後(15:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。20年3月期の連結税引き前利益は前の期比86.5%減の118億円に大きく落ち込んだが、従来予想の110億円を上回って着地。なお、21年3月期の業績見通しは開示しなかった。

■日産自動車 <7201>  414.8円  -34.6 円 (-7.7%)  11:30現在  東証1部 下落率4位
 日産自動車<7201>が大幅安。株価は前日に比べ7%超安に売られている。28日取引終了後に20年3月期連結業績を発表し、最終損益は6712億1600万円の赤字(前の期は3191億3800万円の黒字)となったことが嫌気された。売上高は9兆8788億6600万円(前の期比14.6%減)、営業損益は404億6900万円の赤字(前の期は3182億2400万円の黒字)だった。同社は2月に業績の修正を発表し、売上高10兆2000億円、営業利益850億円、純利益650億円を見込んでいたが、結局大幅な最終赤字に転落した。固定資産に対する減損損失5220億500万円を特別損失として計上した。21年3月期業績予想は未定としている。

■日本精機 <7287>  1,155円  -88 円 (-7.1%)  11:30現在
 28日に決算を発表。「前期税引き前は54%減益で着地・1-3月期(4Q)税引き前は81%減益、今期業績は非開示」が嫌気された。
 日本精機 <7287> [東証2] が5月28日大引け後(16:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。20年3月期の連結税引き前利益は前の期比53.6%減の75.6億円に大きく落ち込んだ。なお、21年3月期の業績見通しは開示しなかった。

■ヨロズ <7294>  1,224円  -75 円 (-5.8%)  11:30現在
 28日に決算を発表。「前期経常は85%減益で着地・1-3月期(4Q)経常は78%減益、今期業績は非開示」が嫌気された。
 ヨロズ <7294> が5月28日大引け後(15:00)に決算を発表。20年3月期の連結経常利益は前の期比85.3%減の7.7億円に大きく落ち込み、5期連続減益となった。なお、21年3月期の業績見通しは開示しなかった。

■DMG森精機 <6141>  1,338円  -38 円 (-2.8%)  11:30現在
 DMG森精機<6141>が5日ぶりに反落。28日取引終了後、20年12月期の連結業績予想の下方修正と減配を発表したことが嫌気された。今12月期の売上収益は従来予想の4000億円を3200億~3400億円に見直したほか、営業利益は200億円を50億~100億円に、最終利益は85億円を未定に修正した。新型コロナウイルスの影響による受注減を考慮した。今期配当も従来予想の年60円を20~30円(前期60円)に減配することも明らかにした。

■JMC <5704>  906円  +139 円 (+18.1%) 一時ストップ高   11:30現在
 JMC<5704>は一時ストップ高。900円台に乗せている。同社は3Dプリンターを使った試作品作成を手掛けるが、28日取引終了後にEOSジャパン(神奈川県横浜市)と連携して「樹脂3DプリンターAMサービス」の提供開始することを発表、これを手掛かり材料に物色人気化した。商いも増勢で戻り高値を払拭したこともあって、個人投資家を中心とした短期資金の参戦が活発化している。

■グロームHD <8938>  708円  +100 円 (+16.5%) ストップ高   11:30現在
 グローム・ホールディングス<8938>が急騰、100円高はストップ高となる708円で張り付いている。きょうで4日続伸となり底値離脱の動きを鮮明としてきた。不動産のサブリースを基点に、東京都を地盤とした業務用不動産賃貸事業を展開する。28日取引終了後、21年3月期から5カ年にわたる中期経営計画を策定。25年3月期には営業利益段階で28億1700万円(前期実績は6億600万円の赤字)を目指すとしており、これがインパクトを与えた。業績回復シナリオを材料視する買いが集中し、株価を押し上げる格好となった。

■TOWA <6315>  1,119円  +150 円 (+15.5%) ストップ高買い気配   11:30現在  東証1部 上昇率2位
 TOWA<6315>はストップ高カイ気配となっている。28日取引終了後に発表した20年3月期の連結経常利益は前の期比31.1%減の6億4700万円に落ち込んだものの、続く21年3月期は前期比3.1倍の20億円に急拡大する見通しとなり、これを好感する買いが向かった。前期は米中貿易摩擦の影響を受け、モールディング装置の販売が落ち込んだことが響き、減収減益に沈んだ。ただ、下期は5G関連やサーバー向け設備投資の増加を背景に、付加価値の高いコンプレッション装置が好調で収益性は改善傾向にあった。今期はこの流れを引き継ぎ、半導体製造装置の販売が伸びるほか、新事業も拡大する見込みで、売上高は前期比14.8%増の290億円と2ケタ増収を計画している。

■日本ラッド <4736>  829円  +105 円 (+14.5%) 一時ストップ高   11:30現在
 日本ラッド<4736>が一時ストップ高まで買われ、年初来高値を更新した。同社はきょう、台湾のアドバンテック社が新たに開発した感染症拡大防止ソリューションの国内販売・サポート展開を行うと発表。これが株価を刺激したようだ。このソリューションは、AI(人工知能)による顔検知機能と発熱・密集度などを検知する高機能カメラを組み合わせたもので、外来者発熱スクリーニングシステムや密集度計測システム、ソーシャルディスタンス計測システム、感染者トラッキングシステム(7月提供開始予定)の4つが含まれている。日本ラッドは、病院や公共施設、工場、製造現場など幅広い業務領域に向けて積極的に展開するとしている。

■大泉製作所 <6618>  599円  +71 円 (+13.5%) 一時ストップ高   11:30現在
 大泉製作所<6618>が急騰。一時18%を超える上昇で75日移動平均線を大きく上放れ、一気に600円台に乗せてきた。自動車向けや空調向けに温度センサーを手掛けており、高い商品技術力を有している。新型コロナウイルス感染症の拡大を受けで空気清浄機のニーズが高まっており、同社のセンサーにも需要が高まるとの思惑が浮上している。また、エレメントは5G通信インフラ整備向けなどでニーズを捉える可能性が高い。

●ストップ高銘柄
 FRONTEO <2158>  756円  +100 円 (+15.2%) ストップ高   11:30現在
 WTエナジー <1685>  282円  +12 円 (+4.4%) ストップ高   11:30現在
 WTガソリン <1691>  1,693円  -58 円 (-3.3%) ストップ高買い気配   11:30現在
 など、6銘柄

●ストップ安銘柄
 なし

株探ニュース(minkabu PRESS)

株探ニュース

関連ニュース

最終更新:5/29(金) 12:25

株探ニュース

投資信託ランキング