IDでもっと便利に新規取得

ログイン

注目銘柄ダイジェスト:アステラス薬が大幅反発、出光興産は大幅反落

5/27 16:20 配信

フィスコ

現在値
ドコモ2,962+37
出光興産2,294-33
アステラ薬1,711-21.50
いすゞ自932.2-17.50
西武HLD1,126-25

<9437> NTTドコモ 2981.0 -9.0
続落。野村證券では投資判断を「バイ」から「ニュートラル」に格下げ、目標株価も3
710円から3220円に引き下げている。新型コロナの影響を再精査、店舗営業活動縮小に
伴う新機契約の獲得鈍化、消費自粛による金融・決済の取扱高鈍化を前提とし、中期
予想を下方修正しているもよう。また、21年3月期は自社株買いや債権流動化につい
て、会社正式発表まではゼロにするとしている。



<5019> 出光興産 2436 -119
大幅反落。前日に20年3月期の決算を発表、4月21日に修正値を発表しており、実績値
に関してはサプライズなし。一方、21年3月期営業利益は600億円の計画で、在庫評価
益を除いたベースでは30%減と厳しい見通しとなっている。また、中期計画では下限
配当160円を掲げていたが、今回配当計画は「未定」としていることも、高利回り銘柄
と位置付けられるだけに、警戒感を誘っているようだ。



<4503> アステラス薬 1818.0 +97.0
大幅反発。ゴールドマン・サックス証券では投資判断を「中立」から「買い」に格上
げ、目標株価も1800円から2200円に引き上げている。転移性尿路上皮がん治療剤「PAD
CEV」のポジティブデータ、提携先のSGEN社の同適応での開発加速方針などから、承認
タイミングや投与期間前提などを見直しているもよう。今後も複数の試験データ発表
を通じて、同剤への期待感が高まっていくとみている。



<7202> いすゞ自 1017.5 +67.3
急伸。前日に20年3月期の決算を発表、営業利益は1406億円で前期比20.5%減益、ほぼ
従来計画線上での着地となっている。一方、21年3月期は500億円で同64.4%減益の見
通し。市場コンセンサスなどは下回っているが、注目度の高いタイの足元での自動車
生産の落ち込みなどから、十分に業績懸念は反映されていたとみられ、ガイダンス発
表があく抜け材料として意識される動きに。



<9024> 西武HD 1424 -77
大幅反落。前日に20年3月期の決算を発表、先に業績見通しを発表しており、今期計画
非開示でサプライズはないものの、緊急事態宣言の全面解除などを受け、足元でリバ
ウンドが強まっていたため、戻り売りのきっかけにつながっている。4月単月の鉄道事
業の旅客収入は前年同月比51%減と落ち込んでいるようだ。また、宣言解除後も一定
程度は在宅勤務など継続で、当面の鉄道・ホテル事業の回復は緩慢との見方にも。



<6754> アンリツ 2104 -24
反落。前日に米キーサイト・テクノロジーズが決算を発表、2-4月期売上高は前年同期
比18%減の8億9500万ドルとなり、市場予想の10億6400万ドルを下回っている。「5G」
向けは堅調だったものの、新型コロナの影響が収益の伸びを抑える形になった。決算
を受けて時間外取引では売り優勢となっているが、「5G」関連の中心銘柄の一つとも
位置付けられているため、同社など国内5G関連の一角も連れ安する展開に。



<6588> 東芝テック 3850 -175
大幅反落。前日に20年3月期決算を発表、営業益は140億円で前期比22.3%減となった
が、5月18日に下方修正を発表済み。一方、21年3月期は100億円で同28.5%減益の見通
し。また、グローバルで約700名の人員削減、早期退職優遇制度の適用など、構造改革
の実施も発表。21年3月期には構造改革効果で40億円の利益押し上げ見込む。ただ、海
外事業の不透明感残るなか、本日は戻り売り優勢に。



<3667> enish 520 +80
ストップ高。アニメ「五等分の花嫁」初となるゲームアプリ「五等分の花嫁 五つ子ち
ゃんはパズルを五等分できない。」の制作を決定、20年内に配信予定と発表している
ことが、期待材料となっている。「五等分の花嫁」はコミック累計1200万部を突破し
ており、21年1月にはアニメ2期放送予定である。同ゲームは、五つ子達とキズナを深
めながら進めていく新感覚のラブコメパズルゲームとなっているようだ。



<5714> DOWA 3505 +335
急伸。前日に20年3月期決算を発表、営業損益は260億円で前期比39.0%増益となり、
従来予想の245億円を超過着地へ。21年3月期業績は非開示、とりわけ、自動車関連事
業の落ち込みなどが想定され警戒感は残るものの、環境・リサイクル事業など想定以
上に底堅い分野もあり、相対的なディフェンシブ性の強さが意識される状況にもなっ
ているもようだ。


<6048> デザインワン 269 +32
急反発。株式会社昼jobを子会社化すると発表。昼job社は、ナイトワーク出身の求職
者に特化した人材紹介サービスを展開する。今回の株式取得により、低価格帯で提供
できる独自性の高い人材紹介サービスを確保でき、既存事業とのシナジー効果が期待
された。なお、現在の経済環境の急変下においては、ナイトワーク出身者のキャリア
シフト需要は急増しているとみられる。
《US》

フィスコ

最終更新:5/27(水) 17:32

フィスコ

投資信託ランキング