IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日経平均は3日続伸、利益確定売りこなし後場強含み、メガバンク株堅調/相場概況

5/27 16:11 配信

フィスコ

現在値
三菱UFJ421.1+3.40
三井住友F3,052+42
トヨタ6,777+121
Fリテイリ61,310-200
ソニー7,500+68

 日経平均は3日続伸。連休明け26日の米国市場でNYダウは529ドル高と大幅に反発し、終値でおよそ2カ月半ぶりの高値となった。経済活動の再開拡大や新型コロナウイルスのワクチン開発への取り組みが好感された。一方、日経平均はここ2日で900円近く上昇していたため、本日はやや利益確定売り優勢で21円安と小安くスタート。前場は前日終値を挟み方向感に乏しい展開だったが、後場に入るとNYダウ先物の時間外取引での上昇につれて強含み、21475.68円(前日比204.51円高)まで上昇する場面があった。

 大引けの日経平均は前日比148.06円高の21419.23円となった。終値としては2月27日以来、3カ月ぶりの高値水準となる。東証1部の売買高は17億6330万株、売買代金は2兆8756億円と4月30日以来の大きさ。業種別では、証券、鉄鋼、ゴム製品が上昇率上位だった。一方、空運業、陸運業、不動産業が下落率上位だった。東証1部の値上がり銘柄は全体の66%、対して値下がり銘柄は31%となった。

 個別では、三菱UFJ<8306>や三井住友<8316>といったメガバンク株が揃って3%超の上昇。出遅れ感の強い銘柄の上昇が目立った。その他ではトヨタ自<7203>などが堅調で、ファーストリテ<9983>やソニー<6758>は小じっかり。中小型株ではタカラバイオ<4974>が新型コロナ対応を巡る報道で賑わった。決算発表銘柄ではDOWA<5714>やいすゞ<7202>が急伸。また、Jリース<7187>やenish<3667>はストップ高水準で取引を終え、マーベラス<7844>は連日で買い気配のままストップ高比例配分となった。

 一方、ソフトバンクG<9984>や任天堂<7974>が軟調で、東エレク<8035>やレーザーテック<6920>といった半導体関連株の下げが目立った。JAL<9201>は利益確定売り優勢で7日ぶり反落。決算発表銘柄では西武HD<9024>が急落し、今期配当予想を未定とした出光興産<5019>も売りがかさんだ。また、ペッパー<3053>などが東証1部下落率上位に顔を出した。《HK》
(マーケット概況)

フィスコ

最終更新:5/27(水) 16:29

フィスコ

投資信託ランキング