IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カーボンが大幅反落、新型コロナの影響や在庫調整長期化で20年12月期業績予想を下方修正

5/12 11:30 配信

みんなの株式

 日本カーボン <5302> が大幅反落している。11日の取引終了後、20年12月期の連結業績予想について、売上高を434億円から317億円(前期比29.4%減)へ、営業利益を100億円から46億円(同69.0%減)へ、純利益を64億円から28億円(同71.1%減)へ下方修正したことが嫌気されている。

 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大に伴う世界経済の減速が顕著であるほか、在庫調整の長期化による需要の減退もあり、大幅な販売数量の減少が見込まれることが要因としており、足もとの経済環境が今年中は続くとみているという。

 なお、同時に発表した第1四半期(1~3月)決算は、売上高62億4900万円(前年同期比48.4%減)、営業利益11億2000万円(同78.0%減)、純利益4億8500万円(同85.1%減)だった。


出所:MINKABU PRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

みんなの株式

関連ニュース

最終更新:5/12(火) 11:30

みんなの株式

投資信託ランキング