IDでもっと便利に新規取得

ログイン

宝&COは反発、第3四半期営業利益は85%増で着地

4/1 12:49 配信

みんなの株式

現在値
宝&CO1,950+97

 TAKARA & COMPANY <7921> は反発。3月31日の取引終了後、第3四半期累計(19年6月~20年2月)連結業績を発表。売上高141億3400万円(前年同期比15.6%増)、営業利益15億8000万円(同84.9%増)、純利益10億1600万円(同63.5%増)と大幅増益となったことが好感されている。

 コーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)の導入や上場企業の情報開示の充実化へのニーズを取り込み、有価証券報告書など財務報告のための電子的雛型である「EDINETタクソノミ」の設定範囲を拡大したことや、決算・開示に係る支援などのコンサルティングの売り上げが増加したことが業績拡大の主な要因という。また、情報開示のグローバル化による翻訳ニーズが高まるなか、日米顧客向けを中心に翻訳関連が好調に推移したことも寄与した。

 なお、20年5月期の業績予想は、売上高191億円(前期比4.6%増)、営業利益19億円(同6.7%増)、純利益13億円(同5.1%増)の従来見通しを据え置いた。

出所:MINKABU PRESS

みんなの株式(minkabu PRESS)

みんなの株式

関連ニュース

最終更新:4/1(水) 12:49

みんなの株式

投資信託ランキング

ジャパンネット銀行で投資信託

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング