IDでもっと便利に新規取得

ログイン

堺化学-6日ぶりに大幅反落 黒リンの安全で高収率な溶液合成法開発

3/30 14:14 配信

トレーダーズ・ウェブ

現在値
堺化学1,904+39
東ガス2,458+13.50

 堺化学工業<4078>が6日ぶりに大幅反落。同社は30日14時に、大阪市立大学とで太陽光エネルギーを利用し、水から水素を生成する際の触媒として機能する黒リンを溶液法で高収率かつ簡便に合成する手法を開発したと発表した。

 黒リンはリンの同素体の1つで、太陽光の可視光領域の大部分を吸収できる材料として注目を集めているが、産業上必要となる大量合成が困難であるという課題を抱えていた。今回、安全で無害な赤リンを出発原料として、溶液法にて高収率で黒リンの合成に成功し、大量合成への途が拓かれたとしている。

 併せて、東京ガス<9531>とカーボンニュートラル都市ガスの供給に関する基本合意書を締結したと発表した。この合意により東京ガスは、堺化学工業小名浜事業所松原工場で使用する都市ガスの全量について、2020年4月か 2023年3月末までの3年間、カーボンニュートラル都市ガスを供給するとしている。なお、株価は軟調な地合いのなかで大きく下落している。

トレーダーズ・ウェブ

関連ニュース

最終更新:3/30(月) 14:16

トレーダーズ・ウェブ

投資信託ランキング

ジャパンネット銀行で投資信託

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング