IDでもっと便利に新規取得

ログイン

JASDAQ平均は大幅に3日続落、新型肺炎の感染拡大懸念から売り続く/JASDAQ市況

2/27 16:35 配信

フィスコ

JASDAQ平均は大幅に3日続落、新型肺炎の感染拡大懸念から売り続く

JASDAQ平均:3491.89 (-102.59)
出来高:1億4418万株
売買代金:694億円
J-Stock Index:2948.75 (-102.41)

 本日のJASDAQ市場は、JASDAQ平均、JASDAQ-TOP20はともに3日続落し、J-Stock Indexは5日続落して引けた。値上がり銘柄数は68(スタンダード67、グロース1)、値下り銘柄数は590(スタンダード555、グロース35)、変わらずが17(スタンダード17、グロース0)。 本日のJASDAQ市場は、新型肺炎の世界的な拡大への懸念からリスク回避の動きが続いた。JASDAQ平均は一時前日比102.59円安の3491.89円まで下押し、昨年10月28日以来約4カ月ぶりに3500円台を割り込んだ。新型肺炎の感染者が米国内で広がりを見せているほか、ブラジルでも新たに観測され、市場では「感染者が世界的に広がりを見せており、世界景気への悪影響が警戒される」とし、先行き不安心理が増幅している。また、国際オリンピック委員会(IOC)の最古参委員が東京五輪の1年延期に言及したと報じられたことも、先行き懸念につながり、リスクオフの動きが強まった。市場では「個人投資家の追い証発生件数が増加しており、センチメントが大きく悪化している。感染者数の増加率が減少するなどピークが過ぎるまでは、不安定な動きを余儀なくされよう」との声が聞かれ、目先、下値を探る動きに変化はなさそうだ。 個別では、前日の大幅上昇の反動からザイン<6769>が前日比195円(-15.75%)安の1043円と4日ぶりに大幅に反落し、FVC<8462>も前日比150円(-15.61%)安の811円とストップ安まで売られた。また、5日移動平均線を大きく下抜けたきょくとう<2300>が前日比85円(-14.41%)安の505円と大幅に続落し、北雄ラッキー<2747>、ニューテック<6734>、Nuts<7612>も値を消した。このほか、ソフトフロン<2321>、アスコット<3264>、カルラ<2789>などが値下がり率上位になった。 一方、前日の急落の反動から第一商品<8746>が前日比80円(+25.40%)高の395円とストップ高まで買われ、岡藤HD<8705>、フジトミ<8740>も上伸した。また、テレワーク関連として人気が続いたfonfun<2323>が前日比80円(+19.18%)高の497円とストップ高まで買われ、KYCOM<9685>も前日比80円(+16.56%)高の563円とストップ高まで買い進まれた。このほか、興研<7963>、医学生物<4557>、中京医薬<4558>などが値上がり率上位になった。 JASDAQ-TOP20では、ハーモニック<6324>、メイコー<6787>、フェローテク<6890>などが下落した。

フィスコ

関連ニュース

最終更新:2/27(木) 16:52

フィスコ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンス 投資信託特集

クレジットカード徹底比較

JNB投資信託キャッシュバック

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング