IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ケイアイスター不動産は売られ過ぎ感、連続最高益の見込みでPERなど割安感強まる

2/27 14:36 配信

サーチナ

 ケイアイスター不動産 <3465> は、今期・2020年3月期も連結営業利益などが連続最高を更新する見通し。株価は全体相場の下げに押されるように水準を切り下げて軟調展開だが、2月27日の1500円(48円安)前後はPERが5.6倍前後にまで低下し、売られ過ぎ感を強めている。
 
 配当利回りは年5%台に乗ってきた上、20年は前身の(有)ケイアイプランニング設立から30周年。記念配当などの株主還元策も意識されるところだ。
 
■すららネットと提携し子供の家庭学習に配慮する住宅も提供
 
 また、19年夏には、オンライン学習教材などの(株)すららネット <3998> (東マ)と提携し、子供の家庭学習を促進しやすい設計・設備の導入も本格化した。
 
■新型コロナウイルスでの休校や春休み延長で注目集める
 
 ここ、新型コロナウイルスの流行によって春休みの延長や休校に踏み切る小中高校が増加する中で、株式市場関係者の中には、家庭での学習環境にも配慮する住宅メーカーとして注目する姿勢もある。
 
■ITによる工期・工程管理などで廉価・高品質の住宅を展開し業績は好調
 
 同社は、首都圏を中心に戸建分譲・注文住宅事業などを行い、ITによる工期・工程管理などにより、月々のローン返済額が家賃以下で済むような価格設定の住宅や、「デザインのKI」を追求した高品質で資産価値の向上に繋がる注文住宅などを提供している。
 
 こうした差別化・高付加価値化の戦略により、この第3四半期連結業績(2019年4~9月・累計)は、売上高が前年同期比22.4%増の870.56億円となり、営業利益は同3.4%増の42.58億円となった。売上高、各利益とも、この期間としての最高を更新した。
 
 3月通期の連結業績予想は、従来予想を継続し、売上高が前期比14.4%増の1180億円、営業利益は同7.6%増の64億円、親会社株主に帰属する純利益は同9.8%増の38億円。1株利益は267円77銭。各々連続最高を更新することになる。
 
 また、配当については、19年9月中間配当を1株につき42円実施済みで、3月期末も同42円を予定する(20年2月10日現在)。年間84円のため、株価1500円での配当利回りは5.6%に達する。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

サーチナ

最終更新:2/27(木) 14:36

サーチナ

Yahoo!ファイナンス 投資信託特集

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング