IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NY為替:米国内でのウイルス感染拡大を警戒してドル売り強まる

2/26 7:27 配信

フィスコ

25日のニューヨーク外為市場でドル・円は110円67銭から一時109円89銭まで下落し、110円16銭で引けた。米国の2月リッチモンド連銀製造業指数や2月消費者信頼感指数が予想を下回ったほか、米疾病対策センター(CDC)が米国内で新型肺炎が流行する可能性を警告したため、米国経済の成長鈍化懸念が強まりドル売りが加速。リスク回避の円買いも加速した。

ユーロ・ドルは、1.0832ドルから1.0890ドルまで上昇し、1.0879ドルで引けた。ユーロ・円は119円94銭から119円41銭まで下落した。ポンド・ドルは1.2954ドルから1.3018ドルまで上昇した。ドル・スイスは0.9790フランから0.9751フランまで下落した。

《MK》

フィスコ

関連ニュース

最終更新:2/26(水) 7:50

フィスコ

Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

Yahoo!ファイナンス 投資信託特集

クレジットカード徹底比較

JNB投資信託キャッシュバック

最近見た銘柄

ヘッドラインニュース

マーケット指標

株式ランキング